« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月24日 (月)

あの店、よー行ったな~

月曜日。
いつものようにジャンプを立ち読みしようとコンビニへ寄る。(買えよ)

 
ジャンプの次にふと目についたのは、マチボン(Vol.2)。

machibon2 
“街の魅力に気づく本”【街本】こと、マチボン。
 

本とお茶を買って車に戻り、仕事を終え帰宅後、パラパラと読み始めてみる。

Vol.1の特集は愛媛のパン屋さん特集やったけど、今回もテーマだけで腹が減るな。

 

  
個人的には大学時代のド定番だったお店も載ってて、懐かしーやねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

食べちゃダメなのか

nikki_choco

昨日ヨメさんに貰ったバレンタインチョコは、娘1号が見つけると「何か入れるのに使う」と何を入れるのかわからないまま持って行って結局何に使われたのかわからないままヨメさんに捨てられそうな魅惑的な円柱形の箱に入ってて、その中身は形により味が違ってそうな一口サイズのチョコが色々入ってるという物。

夜のコーヒータイムでは「どれにしよう?」と当たり前のように真っ先にヨメさんが手を伸ばす。
 
 

今日のオヤツの時間、スーパーで買ってた八ッ橋を食べるヨメさんの横で昨日のチョコを食べ、箱を持って行こうとした所で

ヨメ    「全部食べたん!?」

驚いたような顔で振り向き聞かれたもんやからコッチが驚くわ。
 
 

ちゃーんと残してますけど?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

良き姉であれ

なんだか毎日同じような話でクチゲンカしてる感もあるが、本日2月9日、
クチゲンカの質もクソ生意気で面白く成長してる娘1号の誕生日です。

いくつやオマエ? もぅ11歳か! 4月から6年生やもんな。
 

 
普段は大雑把でテキトーで気分屋な娘1号。

妹である娘2号を可愛がってるのか邪魔者扱いしてるのかワカランけども、
そんな娘1号の思いがけないおねーちゃんな顔を見たのはある寒い日の入浴中。
 

普段は一人一人がシャワーで終わらせるお風呂タイムやけども

娘1号  「(娘2号と)一緒に入りたい。」

と自ら風呂洗いをし、オレと娘1号&2号でバスタブに入ってた時にふとこんな事を言う。
 
 

娘1号  「みんなで買い物してる時に周りの人が(娘2号)の顔をチラチラ見るんが腹立つんよ。」
 
 

娘2号がナーガー症候群で生まれて、確かに特徴のある表情をしてて、
特に小さい子供達が興味深げに顔を見るのが気になるらしい。
 

 
娘1号  「見られよったら、時々(娘2号の)前に出て見せんようにしよる。」

妹を守ろうとしてたんかな?
 
 

そん時は、別に気にすんなって話をした気がする。
誰かが自分と違うから気になるのは当たり前な話じゃない?
自分と違うからってバカにするのが良くない事で、違うからって隠す必要も無くない?って。
娘2号にとっちゃ生まれつきのこの体が当たり前な事で、
出来る事を出来るようにやってるだけなのは娘1号もオレも同じ事やし。

でも娘1号のクチからそんな言葉が出たのは驚き半分嬉しさ半分やったね。
 

 

娘1号  「ワタシが(娘2号)位の時と比べたらどーやった?」

と最後に聞いてくるので「一緒よ。」と即答。
 

だって注意する内容も叱る内容も人の話聞かない所も散らかした物を片付けしない所もオマエと同じやから。

オマエの妹への影響力、良くも悪くも結構デカイよ。
 

 

クチばっか達者で最後はおかーさんの「バカじゃないの?」で終わるいつものクチゲンカもいつまで続くんやろ?

急にフッと真面目な優等生に変身されても逆に戸惑うぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

答えは風の中に?

ヨメ    「帰ってきたら豆投げてやろうか思たけど、可哀想やからヤメた。」

本人の知らぬ所で鬼の役だった節分を終え、一転メチャ寒くなった今日。
寒いだけじゃなく風もメチャ強く、昼間自転車で買い物に出てたというヨメさんが自分事ながら笑っちゃうほど風に煽られたという。
 

そしてその風は当然オレの周りでもふいてる訳で、コインパーキングの領収書がピューッと飛んでいく。

オレの300円(駐車場代)は風と共に去りぬ。
 
 

そんな今日は立春。 ・・・春!?

そーいやかねてより抱いてたのは、まさに今答えを出すべき疑問。
 
 

オレが今40才で、今年の誕生日で41才になるけども、
天才バカボンのエンディングにある“41才の春だから~♪”

41才を迎える春←今年なのか?

41才になった後の春←来年なのか?

 

天国の赤塚先生、教えて下サイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »