« 始まりの日 | トップページ | あしらわれてるのか? »

2013年4月13日 (土)

娘2号より少し重いお土産

会社の飲み会が19時からなのでバスで行こうと荷物を置きに一旦家に帰り
「おとーさんばっかりゴハン食べ行ってズルイ」
とか娘1号に言われつつ家を出る。

道路を渡った所にあるバス停に行こうとすると、数十秒前に通過したと思われる今まさに乗ろうとしてたバスのお尻が見え、「お喋りしてた分が無かったら乗れとったな」と慌てて家に戻る。

ヨメ      「さっさと行かんかったからよ。」

同じ事を言われ、ハラ減ったとウルサイ娘1号&なぜかお出かけの準備を始めた娘2号を乗せて街まで送っていってもらう。
 
 

そんなこんなで始まりワーワーと盛り上がった会社の飲み会もお開きの時間となり、解散した後はいつものようにヒトリ飲みの時間。
 

久しぶりに行くBarでは隣のお客さんの犬の話を聞きながらちょっと飲んで、
コバラが空いた時間にはラーメン屋でちょっと食べて、
最後はいつものBarでダラダラと飲もうと店に入ると、いきなり目に入ったのは

namahamu 
カウンター上に吊るされた2本の生ハム。・・・生ハム!?
聞けば手前がイベリコで奥がハモンセラーノとの事。
 

マスター    「おぉ、出産祝いでコレ持って帰るか?」

オレ          「誰の(出産祝い)!?」

聞けば娘2号が生まれた時の分との事。もぅ6年前ですがな。
冷蔵庫にも入らんからとお断りする代わりに、ちょっとずつ削ってツマミにさせてもらう。
 
 

いつものようにダラダラ飲んだ後そろそろ帰るかという所で、

マスター     「コレ持って帰れ。バイト代がわりに。」

オレ           「いつの(バイト代)!?」

最初の会話は本気だったと判明。
 
 

マスター     「適当な固まりに切って冷蔵庫入れといたらええから。冷凍でもええぞ。」

以前にも冷凍食品をケースで持って帰らされ夜中か朝方かわからん時間にヨメさんらを起こさんよう一食分ずつ小分けにして冷凍庫にギューギュー詰め込んでた事が何度かあったけど、また今日もそれやるのか?

マスター     「コレお土産に持って帰ったらオマエ、ウケるぞ?」

そ、そーか・・・ じゃぁ・・・

適当な袋が無いからと白色ナイロン袋(未使用のゴミ袋ともいう)に入れられたブツを手に取ると「重ッ!?」 意外に重いな。
 

ギターを小脇に抱えるようにしてタクシーに乗り込み帰宅後、一応冷蔵庫に入れてみようかと思たけど物理的に入るスペースも無く、別室に敷いたオレの布団の横に置いて添い寝してもらう。

 
翌朝「お土産貰った」と袋のまま持たせようとするとあからさまに怪しむヨメさん。

取り出して見せると「はぁっ!?」と驚いたのは、
①なぜあの店のマスターは思いつきでこんな食材を仕入れるのか
②そしてなぜオレはそれを毎回貰って帰るのか
を表しております。
 
 

夜、さながら鬼の棍棒のような生ハムをキレの悪い包丁でどーにか薄く切り、
早速いただきます。

namahamu2 
パンやレタスとあわせて食べるも良し、パスタとあわせるも良しと楽しめそうな反面、
果たして消費しきれるのか??

|

« 始まりの日 | トップページ | あしらわれてるのか? »

コメント

すごーーーー!!!
こんなのレストランでも滅多に見かけないですよね~!
なんなら消費のお手伝いしますが?(笑)

投稿: べぃじゅ | 2013年4月14日 (日) 08時33分

べぃじゅさん>そんな滅多に見かけないシロモノを抱えて持って帰った僕です。
ヨメさんからは
「別に悪くはないんやけど、持って帰るなら今度から冷蔵庫に入るモノにして」
と正しいツッコミが入りました。

投稿: らっきぃ♪ | 2013年4月14日 (日) 13時43分

切ったのを貰ったのか、一本丸ごと貰ったのか?何回も読み返しましたが、どうやら一本頂いたみたいですね。酒飲みの夢、丸ごと一本生ハムをくれるなんて、なんて気前のいいマスターなんでしょうhappy01
紹介して欲しいくらいですsmile

投稿: いけちゃん | 2013年4月18日 (木) 11時22分

いけちゃんさん>切ったのをくれよと言いたくなるほど、1本丸ごと貰いました。
翌日の夜娘達が寝た後に夜中2時までかかって解体しましたが、すっかり生ハムを食べ飽きた気分でしたね。
気前がいいのか、ひょっとしたら2本買って後悔してたのかはわからないマスターです。

投稿: らっきぃ♪ | 2013年4月18日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/57166312

この記事へのトラックバック一覧です: 娘2号より少し重いお土産:

« 始まりの日 | トップページ | あしらわれてるのか? »