« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

干支、一回り

『飛ばねぇ豚はただの豚だ』
とカッコイイ事言ったのはポルコ・ロッソでしたね。 by 紅の豚

 
思いがけず良かった以前の健康診断結果から『健康的なデブ』と公言したのはオレ。

そんなオレに対し『デブはデブやろ』と冷静にツッ込んだのはヨメさん。

浮かれるオレをクールに突き放すヨメさんとの結婚生活も、今日で12回目の記念日を迎えました。
 

今日の晩メシも祝い事の日の定番と化したピザやったもんやから、うっかり
オレ   「お誕生日おめでとう。」
と言いそうになっちゃった。

 
晩メシ後、昨日からイトコんちにお泊りに行っててウチにいない娘1号からの電話。

娘1   「おとーさぁーん、・・・結婚記念日おめでとぉー。」

やや間があってのおめでとうと、「それだけっ」と早々に電話を切られた所に
なんか娘1号なりのテレを感じたね。
 
 

また今日からの新しい結婚生活。

少しのケンカと沢山のバカ話を繰り返して行きましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

コレは何?

家に帰ると、机の上には丸められたピンクの画用紙が。   
ナンだ?と広げてみると、それは娘2号がろう学校で書いたという絵が貼られた物。

 

書かれた時期は2月ごろだったという事で、そーいや少し前はこんな絵ばっか描きよったなぁ・・・と思いつつふと目が止まったのは初めて見るこの絵。 

 

 

 

oekaki 

 

オレ  「・・・、 スルメイカ?」

 

ヨメ    「(娘2号に)怒られるで^^;」      

 

さて、コレはいったい何を描いたのか?   
明日本人に聞いてみるかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

あしらわれてるのか?

 nikki_shiii

 

nikki_haaa

 
そんな応対、どこで覚えた!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

娘2号より少し重いお土産

会社の飲み会が19時からなのでバスで行こうと荷物を置きに一旦家に帰り
「おとーさんばっかりゴハン食べ行ってズルイ」
とか娘1号に言われつつ家を出る。

道路を渡った所にあるバス停に行こうとすると、数十秒前に通過したと思われる今まさに乗ろうとしてたバスのお尻が見え、「お喋りしてた分が無かったら乗れとったな」と慌てて家に戻る。

ヨメ      「さっさと行かんかったからよ。」

同じ事を言われ、ハラ減ったとウルサイ娘1号&なぜかお出かけの準備を始めた娘2号を乗せて街まで送っていってもらう。
 
 

そんなこんなで始まりワーワーと盛り上がった会社の飲み会もお開きの時間となり、解散した後はいつものようにヒトリ飲みの時間。
 

久しぶりに行くBarでは隣のお客さんの犬の話を聞きながらちょっと飲んで、
コバラが空いた時間にはラーメン屋でちょっと食べて、
最後はいつものBarでダラダラと飲もうと店に入ると、いきなり目に入ったのは

namahamu 
カウンター上に吊るされた2本の生ハム。・・・生ハム!?
聞けば手前がイベリコで奥がハモンセラーノとの事。
 

マスター    「おぉ、出産祝いでコレ持って帰るか?」

オレ          「誰の(出産祝い)!?」

聞けば娘2号が生まれた時の分との事。もぅ6年前ですがな。
冷蔵庫にも入らんからとお断りする代わりに、ちょっとずつ削ってツマミにさせてもらう。
 
 

いつものようにダラダラ飲んだ後そろそろ帰るかという所で、

マスター     「コレ持って帰れ。バイト代がわりに。」

オレ           「いつの(バイト代)!?」

最初の会話は本気だったと判明。
 
 

マスター     「適当な固まりに切って冷蔵庫入れといたらええから。冷凍でもええぞ。」

以前にも冷凍食品をケースで持って帰らされ夜中か朝方かわからん時間にヨメさんらを起こさんよう一食分ずつ小分けにして冷凍庫にギューギュー詰め込んでた事が何度かあったけど、また今日もそれやるのか?

マスター     「コレお土産に持って帰ったらオマエ、ウケるぞ?」

そ、そーか・・・ じゃぁ・・・

適当な袋が無いからと白色ナイロン袋(未使用のゴミ袋ともいう)に入れられたブツを手に取ると「重ッ!?」 意外に重いな。
 

ギターを小脇に抱えるようにしてタクシーに乗り込み帰宅後、一応冷蔵庫に入れてみようかと思たけど物理的に入るスペースも無く、別室に敷いたオレの布団の横に置いて添い寝してもらう。

 
翌朝「お土産貰った」と袋のまま持たせようとするとあからさまに怪しむヨメさん。

取り出して見せると「はぁっ!?」と驚いたのは、
①なぜあの店のマスターは思いつきでこんな食材を仕入れるのか
②そしてなぜオレはそれを毎回貰って帰るのか
を表しております。
 
 

夜、さながら鬼の棍棒のような生ハムをキレの悪い包丁でどーにか薄く切り、
早速いただきます。

namahamu2 
パンやレタスとあわせて食べるも良し、パスタとあわせるも良しと楽しめそうな反面、
果たして消費しきれるのか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

始まりの日

娘1号   「おかーさぁーん、目覚まし鳴っても起きんかったら起こしてぇ。」

ヨメ       「そーいうのはおとーさんに言うて。」

とアッサリ振られる程、我が家でイチバン寝起きの良いオレです。
 

こんな会話があったのは日曜の夜、翌朝娘1号が目覚まし鳴らして起きる必要がある、つまり、今日は新学期の始まりな訳ですね。

そしてこの日は娘2号にとっても始まりの日。
ろう学校の小学部1年生の入学式の日です。

正しくは幼稚部(幼稚園)時代に一度入学したけど病院受診や療育支援施設との併用もありなかなか通えない事もあって一度辞めてた、ろう学校。
今の娘2号にとっては手話を通して言葉を多く覚える時期だという事で、改めてお世話になります。

残念ながらオレは仕事で入学式には行けんかったけど。

 

痰の吸引は医療行為なので有資格者か指導を受けた親しかできないため気管切開してて痰の吸引が必要な娘2号のためにヨメさんが付き添う必要があり、ヨメさん的にはしんどい生活が始まるけど、今年度からろう学校に看護師さんが常駐するようになったのは新聞やラジオでも報じられてた話。

なにせ初めての試みらしいんで学校側がどこまで対応できるのかが不明ではあるけど、勝手ながらヨメさんの負担が少しでも減ってくれればと思う。

 

夜家に帰ると、お風呂に入ろうと促すヨメさんに対し学校で使う教科書を嬉しげに取り出しページをパラパラめくってる娘2号。

何度声をかけても知らん顔でページめくってるもんやから、そらヨメさんも怒るわ^^;

挙句お風呂はおとーさんが晩メシ食べ終わったら一緒に入るとか言い始め、どーすれば遊びの時間を長くとれるかヘンな知恵つけてるもんなぁ。
 
 

明日からの娘2号がどんな事を覚えていくのか、楽しみでしょーがないねぇ。

 
ヨメ    「さっそく来週末に遠足あるんやって。」

 
遠足予備日も含め弁当を2回作らなイカンらしく、ヨメさんさっそくボヤいておりますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

4月1日といえば

新年度がスタートしましたね。

出社の途中でアレ?という違和感に気づいたのは、この間まで道ですれ違ってた名も知らぬヤツがスーツ着てバス待ちしてた事。

そーか、アイツは新社会人なんやな。
 

気持ちだけでも新社会人に負けじと、先日買ったスーツを今日から着て気分一新。
スーツのサイズアップだけでなく大人として成長できる1年にしたいっすねぇ。
 

成長といえば、ひょっとしたらオレ、シッポが生えてきたかも知れませぬ。
 

今朝からなぜか尾てい骨が痛く、これはシッポが生えてくる兆しに違いない。

小林まこと氏の『1、2の三四郎2』では主人公の三四郎が人より少し尾てい骨が長く、しかも自由に動かせるって話があり、三四郎じゃないけど

オレ   「オレってスゲー人間なのか?」

そう思わずにいられません。
 
 

昨晩のヨメさんとの会話で

ヨメ   「しょーもないウソはいらんから。」

とハードルを上げられたエイプリルフール。
 

尾てい骨が痛くてハードル越えられませんが悪しからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »