« 娘2号、4回目です。 | トップページ | 誰のための準備なのか »

2012年10月24日 (水)

何も言えない

「不慣れな東京でちゃんとホテルまでたどり着けるか、そっちの方が心配。」

とヨメさんに言わしめたオレの東京出張も終了。
無事松山に帰って参りました。
 
 

そんな事より、娘2号の手術はお蔭様で無事終了。
今回もやはり子供のクチの中という狭い空間の中での細かい手術。先生もいろいろなパターンを考えてくれてて、先生が望むパターンで手術を終える事が出来たとの事。

念のためICUで一泊して病棟に戻ってきた後、手術部位の保護のためしばらくクチから物は食べられないので、娘2号の前で飲食は遠慮しないといけない。
 

娘2号さん、とてもよく頑張りました。
 
 

そして我が家では娘1号さん。
 

 
夜寝る前に娘2号がどんな手術をして、しばらく入院せなイカン事を説明すると

娘1号   「(娘2号)と会えんのは寂しいんよ!」

と叫んだ後泣きながらこんな事を言い始める。
 
 

「なんで毎年入院するんよ!?」

「(娘2号)ばっかり手術してかわいそうやん!」 
 

なんで手術をしないといけないのか、この手術で口蓋裂が塞がったらしばらくは手術の予定もないって事を説明しても、ある程度理解できても納得できない感情の方が勝つのはやはりおねーちゃんだからか。
 
 

娘1号   「(娘2号)の気持ちなんかだれもわからんやんかッ!!」
 

弁解する気もなだめる気もないけど、当たってるだけに何も言えない。
普段クチにせずとも妹の生まれつきの障害を理解しようと精一杯頑張ってる娘1号の、もしかすると初めて声に出す感情かもしれん。

途中からは泣き叫んでる事に対して何も言わずにずっと聞いてて、
何も言えないまま泣きつかれて寝るまで添い寝するだけ。
 
 

普段バカな事して叱られてる娘1号が実はものすごくおねーちゃんで、
誰よりも娘2号の事が心配で誰よりも大好きなんやなと改めて感じ、

少し泣きそうになったのを誤魔化すように明日病院へ持って行くヨメさんからの頼まれ物をせっせと準備するオレでした。

|

« 娘2号、4回目です。 | トップページ | 誰のための準備なのか »

コメント

こんにちは(*^-^)
読んでいて、涙がでちゃいましたcrying
優しいお姉ちゃんですね~heart04
そして、ご家族の絆がすばらしいことが、よーくわかります。
うらやましいと同時に、我が家もらっきぃ♪家のようになれるよう、
頑張りたいと思いましたhappy01

投稿: mik | 2012年10月24日 (水) 07時32分

本当に誰よりも心配してるのでしょうね。
やっぱりおねえちゃんだなぁ~。(゜ーÅ) ホロリ

投稿: べぃじゅ | 2012年10月24日 (水) 10時44分

mikさん>いや~、泣かれて少し困りながらも、思いがけず嬉しい反応でしたね。
喧嘩するほど仲が良いってのは当たってますね。

何かと手助けしてくれる人が周りにいてくれるって幸せを噛み締めながら、甘えちゃってます。

投稿: らっきぃ♪ | 2012年10月24日 (水) 22時51分

べぃじゅさん>誰よりも心配してて誰よりも寂しがってる娘1号です。
今日も帰宅後に病院で撮った写真を見せろとせがまれました。
まだ調子が戻ってないので動画撮ってても静止画像のようにだらんとしてる娘2号の姿ですらニヤニヤ眺めてました。

投稿: らっきぃ♪ | 2012年10月24日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/55958149

この記事へのトラックバック一覧です: 何も言えない:

« 娘2号、4回目です。 | トップページ | 誰のための準備なのか »