« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月17日 (火)

少し特別な日の話

5月14日 土曜日

娘1号との会話。
オレ      「今度の月曜日おかーさんの誕生日やろ?どーする?」
娘1号 「お手紙書くのと、あとはビーズで何か作る。」
じゃーおかーさんにはナイショで作ろう、と決める。

 

5月15日 日曜日

日中はオレと娘1号は出かけてたけど何かプレゼントを買える時間があった訳ではなく、夕方帰宅後に娘2号と遊ぶのもソコソコに2Fへ上がっていく娘1号。
目的はおかーさんへのプレゼント作成。
静かやなと思ったら、いつの間にか娘2号も2Fへ上がってる。
「おとーさぁ~ん、ちょっと来てェ~。」と呼ばれるので行ってみると、一人じゃなかなか作業が進まないんで手伝って欲しいとの事。
糸の両端から2人でビーズを通していくが、横でゴゾゴゾしてる娘2号に気を取られ「あっ」と糸からビーズが抜け落ちて振り出しに戻る事数回。
結局晩メシで時間切れとなり、「明日作る」とお片づけを始める。
手紙はすでに書いてある様子。
 

  

5月16日 月曜日

ウチではなんだか誕生日にはピザを食べる雰囲気が出来上がってて、夕方帰宅した娘1号も「今日ピザやろ?」とヨメさんに促したらしい。
ヨメさんから「晩ごはんどーする?」とメールがあったんで「ピザにしようか」と電話すると、友達と遊んでた娘1号が家に戻り2Fへ駆け上がった(プレゼント作成の事を思い出した)事を教えてもらう。

ヨメ      「アイツ『あ!プレゼント作らんといけんのよ!』て言いよった^^;」
自らバラしてるやん。
 

その後大人しく作業してたかと思うと、
娘1号 「あーもぅ出来ん! 時間がないんよ!」
って声が聞こえたらしい。

そして1階に下りてきた娘1号が言うには、

娘1号 「おかーさん? 知っとると思うけどぉ、    
             プレゼント作ろう思たけど時間がナイんよ。  
             お手紙だけでええ?」 
 

ヨメ      「それをワタシに言われても~、て思たけどな^^;」
おかーさんにはナイショやっちゅー話やなかったか!?

オレが帰宅後「プレゼント用意した?」と聞かれ、間に合わなかったんで後日渡す事を言うと

娘1号 「なんで用意してないん?   
             ワタシがお手紙用意するんでそれでエエ思たん!?」

 

自分の事は棚に上げてる感もあるけど、おとーさん怒られちゃった^^;

つまりそれ位、おかーさんの誕生日って少し特別よね。
 

 

ヨメさん、お誕生日おめでとう。
お誕生日のケーキは週末に用意しときます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

おかあさんへ

okaasanhe

今日は母の日ですね。
ウチでもお互いの実家の母親にプレゼントを贈りそれぞれお礼の電話を貰ったけども、毎年の事ながらオレの発想から生まれた事ではなくヨメさんからの気遣いである事は言うまでもナッシング。

そして我が家ではそんなヨメさんがおかあさんなワケですね。
 

母の日を前にした土曜日の夜、そろそろ寝ようと布団に転がった娘1号はそれに付き合い布団に転がるオレにこんな事をつぶやく。

娘1号   「(母の日に)なんのプレゼントもよういしてないんよ。」
じゃあ、手紙を書いてあげたらどーやろう?と言うと、

娘1号   「そんなんでよろこぶん!? カーネーションもないんよ?」
とナゼかオレが怒られてるみたいに聞いてくるんで、ソレをナゼ今言うかとは思たけど、何をあげたとかじゃなくおかあさんの為に何をしてあげたいかっていう気持ちが大事なんじゃない?みたいな事を言うと

娘1号   「ふーん。」
と解ったのか気にしてないのかワカンナイような返事をされる。
 

とはいえこの時点で寝る前の話なんで、おかあさんに知られずに手紙を書くために
娘1号   「あした早起きして手紙書く。」
と決意した様子。
 

 

そして今日、娘1号はこんな封筒をおかあさんに渡す。
 

tegami

母の日“ありがとう”じゃねーの?とか思ったけどね^^;

ナイショで書いてふいに渡しておかあさんをビックリさせてやれ、という事にしてたのにおかあさんおる前で「いつプレゼント渡したらええんよ?」とか聞くなオマエ。それも何度も^^;
 

でもおかーさんに喜んでもらえて、嬉しそうで気恥ずかしそうな顔しとったな。
 

 

そーいえば今朝、みんな寝てる時間にゴゾゴゾしてたのはぼんやり気付いとったけど、

オレ       「朝、何時に起きて手紙書いたん?」

娘1号   「5時15分ごろ。」

 

早過ぎやろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »