« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

母性開眼!?

仕事でいつもより遅く帰った金曜の夜。

コバラどころかハラヘリコプターなオレなんで高速道路で何か軽く食べようかと思ったけどサービスエリアで降りて濡れるのもイヤになる程のドシャ降りの雨やったんでどこにも寄らずに家に帰る。

 

出迎えた娘1号の第一声は

娘1号 『おとーさんとごはんたべたかった・・・』

 

可愛らしい事言うやんか。おとーちゃん思わず抱きしめ・・・

逃げた!?

 

 

ヨメさんは風呂上りの娘2号にミルクを飲ませてる所。

さて、自分の晩メシの準備をするかね。

 

とその前に着替えをするんやけど、いつも服を入れてるカゴから自分の短パンを取り出しリビングのソファーの上にポンと置くと、 なんとそれは娘1号の体操服のズボン

似たような色やし、暗がりで取ったからワカランかったのね。

 

娘1号 『あー、それ(娘1号)ちゃんのやのにぃ~。』

あー、ゴメンゴメン。

 

 

晩メシの準備を終え麦茶をつぎ、ノドも乾いてるんでゴクッと一飲み。

あーウメ~♪ ( ̄¬ ̄

 

娘1号 いただきますは?』

あー忘れ取ったな。はいはい。

 

娘1号 はい  いっかい やろ!?』

 

 

・・・ハイ。

 

 

 

改めて仕切り直し(?)、よりキンキンな麦茶でノドを潤そうとグラスに氷を入れる。

 

娘1号 つめたいののみすぎたらおなかいたくなるんよ。』

 

オマエ、おかーさんか?

いよいよ本格的な母性開眼!?

 

だとしたらオレ、息子!?

 

 

コレはしまじろうの教材の中の

暑いからと冷たいジュースや水を飲んで
コップの中の氷も食べてお腹をこわしたしまじろうの話

から来てますな。

 

 

娘1号 こおりはたべたらいかんのよ。』

食べんよ。

 

 

娘1号 『たべたらしぬんよ。』

 

 

∑( ̄□ ̄||| ぇえッ!?

 

 

 

『アンタ死ぬわよ!!』って、

オマエ、細○和子か!?

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

緻密な計算の結果は?

急な仕事とはいえ、朝松山を出て向かう先が小豆島ってどーなん?な朝。

しかも午前中必着(荷物みたいやな)という朝。

 

なにもこんな日に・・・と嘆くほどに雨も降るよるで?

 

昨日の日記に書いたようにヨメさんは娘2号と一緒に入院してるんで娘1号の出掛ける準備をしてやらんとイカン。

バスの送迎時間まではおれんからソコは母親に任せて・・・遅くとも8:00には家を出て・・・

フェリー乗り場からお客さんトコまでの移動時間が約20分という事で簡単に逆算すると

 

11:30 小豆島着

(フェリー移動 約1時間)

10:30 高松港フェリー乗り場着

(高速からの移動 約30分)

10:00 最寄の高速インター着

(高速移動時間)

松山インター出発

 

緻密な計算に裏付けられた予定通りに高速に乗り松山を出発。

 

途中コバラが空いたけどガマンし、飲み干したペットボトルをうっかり何度も飲もうと持ち上げたけど新たに買う時間もとらず、 ワイパーのせわしない動きに負けずともしっかり安全運転を心掛ける、そうさオレはゴールデンドライバー☆

 

松山から高松方面へ向かう高速インターの並びから言うと、 高松での降り口は高松西⇒高松中央⇒高松東と続き高松西もしくは高松中央が高松港最寄のインターとなる。

そんで高松手前の坂出インターを過ぎた辺りで高松西で降りるか高松中央まで走るか悩んだ挙句、 頭の中の高性能ナビが緻密な計算のもと弾き出したルートにより高松中央で降りる事と決定。

 

実際何キロで走ってたかは口がおでこまで裂けても言えんけど、高松中央を降りた時点で時刻は9:30

 

オレ 『この30分は大きいな!』

予定より早いペースってことは、1便早く乗れるか!?

 

 

ただ残念ながら正確な発着時間を知らない

当初の予定時刻も実は大体で考えてた時間。

 

ここへきて緻密な計算と言いながら実はカンという、

およそ土壇場でこそ真価を発揮する能力をフルに使ってた事をご報告させていただきマス。

 

 

頭の中のナビが示すルートはズバリ、裏道。オレらはセコ道とも言う。

 

オレ 『あの交差点を左折して、 その先の信号が変りそーならコッチ行って・・・』

メインストリートを横切り、地元民の軽トラしか走らんような道をグイングイン進み、

港に向かう中央通りに合流し、中央公園横を通過という所で時刻は9: 55

 

オレ 『10:00までに着くやん!』

 

スベリ込んでフェリーの中でチケット買えばOK!と全日空のホテル下を通過し、 乗り場に向かって右折した所に立ってる誘導員に『小豆島行きです。』 と言おうとした所で

 

 

オレ 『出ッ!?』

 

 

目に入ったのはすでに出港してるフェリー。

 

 

『ぐるっと回って3番レーンに車止めて下さい。』 と誘導員からは冷静に次の便のチケット購入を求められる。

 

チケット売り場で確認すると、今出港したフェリーは9: 55発

さっき『着くやん!』 と喜んでた時点でアウトやったのね・・・

 

次の便は10:40。この40分はデカイなオィ。

 

チケットと一緒に手渡されたのは時刻表。あ~、そーいや今までもこんなん貰いよった!

いつも同じ時間の便しか利用してなかったんで時刻表も気にしてなかったわ。

 

 

結局午前中に間に合ったかどうかは口が頭のつむじまで裂けても言えんな。

 

 

 

いいですか皆さん、時間は余裕を持って行動して下さいネ。

 


『ヘタにセコ道走らん方が早かったんちゃうん?』
て思った人、

廊下に立ってなサイ!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

そらぁバタバタもするよ

昨日バタバタしてたのはもちろんオレが仕事でバタバタしてたのもあったけど、

それ以上にバタバタしてたのは娘2号の事。

 

 

出張で家を空けてた火曜から風邪気味らしいという話は聞いてたけど、

水曜に診察に行ったところやはり風邪をこじらせた様子もありそのまま入院する事となる。

 

 

念のための入院とはいえ、大変なのはヨメさん。

診察が終わりそのまま病棟へ移動したんはええけど入院の用意もしてないし搾乳の時間も迫ってる。

 

看護師さんに娘2号をみてもらってる間に家に帰り、バタバタと入院の準備をしたらしい。

 

もちろん母子同室なんでヨメさん自身の準備もせなイカンからね。

 

 

急遽来てもらうことになった母親にも感謝。

 

 

 

そして誰より驚いてたのは娘1号

 

保育園の送迎バスから降りたらばーちゃんがおるし、

家に入ったらおかーさんも娘2号もおらんし、

おとーさんは病院に寄ってたから遅く帰るしな。

 

 

 

寂しいんやろーけど4歳児なりにガマンしてて、

でもガマンできない瞬間の表情は大人じゃマネ出来ない顔やった。

 

 

いつも訳ワカランままにいろんな事をガマンさせてしまってゴメンな。

 

オマエの可愛い妹、早く良くなるとええな☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

読み流して下サイ

今日は何かとバタバタした日で疲れた・・・

 

今日の日記はまた明日・・・

 

 

 

てか、

【今日の日記】て言う程毎日更新してないやんオレ。

 

ハイ、そーでした( ̄▽ ̄;)ゞ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

似た者?

ある休日の事。

 

娘1号 『いちがつは、(オレの姉)ちゃん。

   にがつは、(娘1号)ちゃん。

   さんがつは、(娘2号)ちゃん。

   よんがつは、おばーちゃん。

   ごがつは、おかーさん。』

 

家族の誕生月を順に挙げていく娘1号。4月を『よんがつ』と呼ぶのはご愛嬌^^

こー見たら順番に並んどんな。

ちなみにオレの誕生月は10月家族の調和を乱しますが何か?

 

 

ここで娘1号が気付く。

娘1号 『おじーちゃんは?』

 

笑顔で聞いてた母親は笑顔で答える。

母親 『おじーちゃんも5月よ。』

 

娘1号 『へぇ~。おかーさんといっしょなん?』

 

 

(心の声) 『へぇ~!』

 

 

オレ、自分の親父の誕生月知らんかった忘れとったで!?
                    ↑
                    ↑
                    ↑
今日は父の日という事で、そんなナゾの多い親父がいかなる人物か?

を箇条書きにまとめてみると・・・

 

 

①人の話を聞いてるかどうか怪しい

②無駄に器用

③字がキレイ

④電話がキライ

⑤金銭に無頓着

 

まぁこんなところか?

 

 

まず

①人の話を聞いてるかどうか怪しいについて

 

母親が何か喋ってて親父に『なぁ?』 と聞いた時の

親父 『んぉ? おぉ・・・』

という返事がすでに怪しい。

 

 

②無駄に器用について

 

魚さばいて刺身作るのが上手なんはええんやけど、趣味の分野での無駄な器用さがキラリと光る。

廃材を貰ってきて『何人座るんや!?』て位にイスを大量に作ったり、能面作ったり、

娘1号にままごとセット作ってくれたんはええけど各食器のサイズがバラバラやったりする。

 

そーいや昔パイプも作りよったな。

 

 

③字がキレイについて

 

表彰状とかの代筆をよく頼まれてただけあって字はキレイ。

でも年賀状は母親まかせ。

 

几帳面なのかめんどくさがりなのかよーワカランな。

 

 

④電話がキライについて

 

今でこそ仕事もしてないのんきなお年頃やけど、仕事してる頃は休日に『顔出してくれ』と頼まれ出掛けるのが何よりキライやった親父。

そのため休みになると母親とドライブと言う名の脱出をはかりよったな。

 

今では自宅にいる時『電話が鳴ったらウルサイ』 という電話の存在を否定するような理由で、 道路を挟んだ所に建ててる趣味の部屋で無駄に器用な手先で何か作ってる事が多い。

 

最近はちょこちょこウチに遊びにきてるんで自宅にかかる電話からは逃げられてるけど

娘1号からは逃げられない休日を過ごす。

 

 

⑤金銭に無頓着について

 

おそらく自分の財布にいくら入ってるか気にしてないと思われる。

 

昔家族で買い物に出て喫茶店で時間潰そうと個人行動にでた親父やけど、
すぐ帰ってきて言うセリフは

親父 『お金無かった。』

 

オレが大学時代、喫茶店に居るという親父から電話がかかってきて言われたセリフは

親父 『コーヒー代貸してくれ。』

 

フツー行く前に財布見るやろ!?

てか、コーヒー代くらい持っとけよ、大人なんやから。

 

最近は『散歩ついでにコーヒー飲んでくる』 と言い残し出るものの財布を忘れてただの散歩で帰ってきよる。

愉快なサザエさんか!?

 

 

こんな感じか?

あ、あとキティちゃん『キティさん』て呼ぶな。  なんや『さん』て?

 

 

ヨメさん的にはな親父が面白いらしい。

 

オレ 『小銭くらい持っとけっちゅー話よな。』

ヨメ 『いや~、人のコト言えん思うでェ~!?』

 

そして

 

母親 『イヤやあの人、お金持っとるんやろか!?』

と心配する母親の気持ちもワカルらしい・・・

 

 

 

父上! 

アナタの血は間違いなく受け継がれてます!!

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

ヨメさんと言ふ者

誰が何と言おうと

体力消耗度ランキング 第一位

なのはヨメさん。

 

娘1号に振り回される度 第一位

もヨメさん。

 

娘2号による信頼できる人物 第一位

なのもヨメさん。

 

そして

 

お役立ち度の低い存在 第二位

なオレです。

 

ちなみに第一位は勝手気ままな娘1号。

 

 

 

毎日の生活の中で自分の事は後回しに娘2号を筆頭とする家族の面倒を見てくれてるだけに、疲れが抜けるヒマも無いんやろなと思う。

ヨメさんのパジャマのゴムの伸び加減もそんな感じに見える。

 

 

もちろん出来る限りの事はやってあげようと決めてるオレ以外に、最近新たにヨメさんの手助けをしてくれる存在となってるのは

訪問看護さん。

 

実は娘2号の退院前から先生に紹介してもらい、 娘2号の健康管理だけでなく育児便利グッズの紹介やいろんな相談にのってもらえる存在として非常に頼りにさせてもらってます。 by ヨメさん

 

 

 

訪看 『毎日の事なんで、可能な範囲で省力化しましょう。』

と、 アレはこーいう方法で良いとかソレはこんな洗い方で良いとかコレには100円ショップで売ってるこんな物が使えますとかいろいろ教えてもらってるらしい。

 

 

 

この間も教えてもらった訪問看護さんが帰った後、

ヨメ 『あ、メモしてなかった!』

とベッドでモゾモゾ動く娘2号の横で思い出しながらメモを取ってたらしい。

 

でも、やっぱそこは体力消耗度ランキング 第一位。

 

ヨメ 『ハッ!?』

 

と気づくと、約20分時間が経過してたって。

知らん間に寝てたのね^^;

 

モゾモゾしてた娘2号も寝息をたててたらしい。

 

 

 

ちなみにそん時取ってたメモはコレ。

 

 

ヨメ 『自分事ながら何が書きたかったかワカランな。』

 

 

 

頑張れヨメさん^^

微力ながら何でもやりまっせ。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

おかえり☆

なんかバタバタとしてる間に衣替えの時期やというのに替える衣の少ないオレ

But! 季節感の無い男と言うより、

『どんなに着飾ろうとオレはオレさ☆』自分を見失わない男でありたい。

 

とは言えこの週末のバタバタ、実は嬉しいバタバタ。

 

生まれて以来ずっと入院してた娘2号、

先週土曜に無事退院出来ました☆

 

 

NICUから病棟へ移り母子同室で慣らしの入院期間も体調を崩す事無く、オナラかと思えばウンチ、 ウンチかと思えばオナラと楽しませてくれつつ多くのスタッフに見守られながら無事退院したのは土曜の午後の事。

なぜか母子同室入院の時以上に増えた荷物を車に積み込むまでに部屋⇔駐車場3往復。

でもそんなん、何のしんどさも感じんかったね。

 

そしてこの日を一番待ちわびてた娘1号。

 

丁度この日は保育園やった娘1号を迎えに行く前には退院してたんで

オレ 『どんな顔で帰ってくるか、 玄関開ける瞬間からビデオ撮ってやって。』

とバッテリーを充電するオレ。そしてテープ残量をチェックするヨメさん。

 

保育園から家までの車中ずっと落ち着き無く娘2号の名を呼ぶ娘1号がはたしてどんな顔で玄関を開けたのか?

 

それはビデオを撮ってたヨメさんしか知らない顔。
(まだビデオ見てないんよな)

 

 

娘2号に初対面した娘1号の第一声は、

 

1号 『(*≧∀≦)かわいぃ~☆』

でした。

 

 

まだ口からミルクは飲めないんで胃に通したチューブを介してミルクを飲む娘2号の側にベッタリと貼りつく娘1号。

 

髪を触ったり、腕を触ったり、お腹押えてヨメさんに注意されたり、 恐る恐るやけども優しく触れながら名前を呼んで側を離れようとはしてないそんな光景を交代して撮るビデオの画面越しに見よったけど、

やっと家族が揃った事と、あの娘1号がおねーちゃんなんやな~という事がスゲー嬉しくて『いつまででも撮ってたい』 と思いよったら

テープが切れたでヨメさん^^;

 

 

でも何より娘2号に対して言いたい言葉は、

『おかえり☆』

やんな。

 

 

 

そして途端におねーちゃんの顔になる娘1号。

 

娘1号 『おとーさーん、だっこしてい~い?』

 

と足から持ち上げようとした時は『オィ!!』って即ツッ込んだけど、

でも笑顔で許す。だって、めでたい日やから。

 

 

手伝いに来てくれてる母親が娘2号を抱っこしようとした時は

 

娘1号 『おばーちゃんはだめなんよ!

      (娘1号)ちゃんのいもぉとなんよ!!』

 

と、身内に対してヒドイじゃないと思う程に牽制する。

でも笑顔で許す。だって、めでたい日やから。

 

 

じゃー、おとーさんが抱っこしよ・・・

娘1号 『おとーさんはあっちいっとって!』

 

ま、まぁまぁ初日やしイイジャナイ。 笑顔で許・・・

娘1号 『おとーさんはあっちで

      かってひとりであそびよってや!!』

 

 

 

(ー_ー )『・・・』

 

 

 

ん―――――、ギリギリ許す。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »