« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

プチ自慢話

昨日ヨメさんに話し忘れてたコトをふと思い出したんでメールを送る。

 

 
昨日ヨメさんに話し忘れてたコトってのは、

オレ 『昨日ラジオに投稿したら読んでもろたで。』

というプチ自慢話
 

 

【お金】をお題目とした川柳投稿コーナーやって、

オレ 『こんなん投句した。』

 

 

【たまに大金持つと茶を買うのもドキドキするな】

  

 

って内容やった事を教えると、それに対して
 

 

【お茶を買う金すら持って無いんじゃねーの?】
 

 

って内容の句で返される。
 

 

 

そのヨメさんからの返信が意外に面白かったんで
 

 

オレ 『なかなかヤルやないか。』
 

 

と電話をかけてしまうオレ。
 

 

ちょっとクヤシイ感は否定できない負けず嫌いなオレでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

デジャビュ?

昨日ツレの結婚式&二次会、そして

オレ 『明日早朝ミーティングあるんよな。』

ってコトを完全に忘れて三次会で飲んでたんで、

いつもに増して会社が遠く感じる月曜の朝。
 

 

朝イチのミーティングもキッツイな~。
 

 

 

仕事に戻りコーヒー飲みながら年末調整の書類を広げ、
毎年のコトながらどーやって書くんやったか迷う。
 

 

オレ 『去年の年末調整コピーとっとったよな?』
 

 

まずそれをドコに仕舞ったかから思い出さなイカンな。
 

 

ガサゴソと机の引出しを探り、
ロッカーを引き出して詰め込まれたいろんな封筒を覗き込むと
 

 

 

オレ 『あっ。』

 

 

 
無くしたと思いよった伝票発見。
 

 

本当ならピーしてピーした時にピーしてもらわなイカン伝票やったけど

いつの日からか見当たらなくなってて

オレ 『無くしたコトにしょ。』

て思いよったヤバい代物だったりする。
 

 

良かったーあって(^^;
 

 

来年また『あっ。』て同じように発見してドキッてしないためにも、

 

 
責任をもってシュレッダーにかけ証拠隠滅。
 

 

 

結局肝心のコピーは見つからず、事務員さんに書き方を教えてもらう。
 

 

 

事務 『まだ書いてないン!?
 

    今日本社に送るんで!!』
 

 

 

そーいや去年も同じコト言われたな。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

金色? 黒色?

まずは目を閉じ、深―――く深呼吸。

 

 
細く長く吸い、細く長く吐いた後、ゆっくりと目を開け居住まいを正す。

 

黄色いチェック柄にクマの絵が書かれた座布団に正座し、

テーブルと、ムスメに負けない幼児体型腹との間隔は握り拳1個分

 

伸びた姿勢から落とす目線の先にある物、それは

ご祝儀袋
 

 

すでにピン札は用意し、

今まさに【御祝】と書かれた表書きにオレの名を書かんとするところ。
 

 

明日地元のツレの結婚式なんでその準備をしよるんやけど、

オレ 『名前書くんは筆ペンの方がええんやっけ?』

ヨメ 『筆ペンやないとイカンのよ。』

てな具合。
 

 

 

自慢やナイけど個性的な字を書くと評判なオレなんで、こーいう時はいつも緊張するんよね。

付属する表書きは2枚。
 

 

1枚は金色の文字、1枚は黒色の文字。

どー考えても金色がメインやろ?
 

 

結局、黒色の表書きが出番を迎えてしまう。
 

 

 

緊張するとはいえ、書くのは自分の名前。

どーやって間違えろっての?
 

 

正しくは間違えた訳じゃないんやけど、慣れない筆ペンの筆圧に苦しめられたのさ。
 

 

仮に『らっきぃ♪』と表書きに書くとして、『ら』の段階で早くもつまづく。
 

 

思ったより細くなってしもた線で書き始め、

『ら』『ら~~~』になる程に腰砕けなスタートで始まった表書きは
文字のバランスもダラダラで書き終わってしもたのよね。

 

2枚目も書き終わって並べて比べてみたけど、
やっぱ選ばれたのは2枚目の黒色の方でした。
 

 

 

 

 

オレ 『やっぱオレ、筆ペンと相性悪いわ。』
 

 

 

ヨメ 『筆ペンやろ。』
 

 

 

そーとも言う。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ビバ! 残り物♪

少し前はカレー

この間はシチュー

先週はおでん

週末は鶏肉と野菜をトマトソースで煮たヤツ

残してオイシイ2日目の献立シリーズが続く我が家やけど、

やっぱ冬といえば鍋よね~。
 

 

野菜もいっぱいとれて、温まって、

土鍋から立ち上る湯気は部屋の加湿にもなったりして。

  

 
昨日買い物に出た先で見切り品の白菜が安かった事に始まり、
ツレが遊びに来た事もあって、昨日の晩メシはみんなで鍋パーティー

て事は・・・

今日の晩メシも残してオイシイ2日目の献立シリーズとなる訳です。
 

 

今日は雑炊じゃなく、うどん

昼メシでうっかりうどんを食べたけど、気にせず楽しみに家に帰る。
 

 

先に食べたヨメさんとムスメの分を除いた鍋の残りはオレの物。

ムスメがニヤニヤと寄って来ようともオレの物。
 

 

ヨメ 『さっき食べててオカシイな~思いよったら、味付けするん忘れとった。』

と言うだけあって、ダシの味付けもまさにオレのさじ加減次第って訳ね。
 

 

醤油足したりお酒足したり、こっそり肉も追加したり(^¬^
 

 

土鍋で煮込まれるうどんが色づいた頃、

オレ 『タマゴあったっけ?』

思い出したように冷蔵庫から取り出した生タマゴをやさしく投入。

フタをして少~し煮込んだところで完成。
 

 

意外にも量が多くなったんで土鍋ごとテーブルに運び、取り皿に移しながら食べちゃうけど、

『ピチッ!』

とハネる汁の熱さも汚れるテーブルも気になりゃ~しない。
 

 

  

欲しそうに寄って来るムスメをけん制しつつハフハフホフホフズルズルチュルン♪
 

 

最後に投入してた生卵もいい感じに熱が通ってるとみえ、

最後に取り皿に移したうどん・及び昨日の具の残骸の上にそっとのせる。
 

 

箸先でつつき出てきた黄身にコーティングされた具の残骸が、
ゴーカな卵とじと化す。
 

 

チラチラとコッチを見てるヨメさんにも、気付くとウルサく欲しがるであろうムスメに背を向け、隠しながらおすそ分け。
 

 

最後まで満足のいくうどん、

ウマイのウマくないのってそりゃーどっちやねん!?って位よねぇ。
 

 

 

残り物って、結局最後に手をつける者の好みでどーにでもなるんが魅力やなぁ。
 

 

残り物食べたさで献立考えたりして( ̄¬ ̄

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月23日 (木)

昼メシの攻防 再び

昨日の晩メシが思い出せないってのは脳年齢的にマズイらしいけど、

作ってくれたヨメさんに『覚えてないン!?』と怒られる方が
オレ的にはマズイと思う自己防衛本能にしたがい、忘れないように叫んでおこう。
 

 

オレ 『昨日の晩メシは
 

    【鶏肉と野菜をトマトソースで煮たヤツ】でしたァ!!』 
 

 

何て言う料理名か知らんけど、たぶんヨメさんに聞いても

ヨメ 『鶏肉と野菜をトマトソースで煮たヤツよ。』

と言うであろう。
 

 

そん時のソースが結構残ってるんで、今日の昼メシはコレを使ったスパゲティー。

炒めたミンチと野菜のみじん切りを加えテキトーに味を足してソースにし、
茹で立てスパゲティーにのせてボナペティ♪
 

 

皿に盛り付け、ムスメにもフォークを用意するけども

ヨメ 『こっちの方が使いやすいやろ?』

と用意した箸はいらんと言うムスメ。
 

 

食べ初めて少しした頃、

ムスメ 『おちゃわんのほうがたべやすいんよぉ。』

うどんやナイんやから。
 

 

ムスメ 『おちゃわんもってちゅるちゅるいうてたべるんよ。』

 

オレ  『イタリア人はそんな食べ方せんやろ。』

 

ヨメ  『日本人やっちゅーねん。』
 

 

そしてやはりというかやっぱりというか(同じやん)、

ムスメ 『おはしでたべる。』

 

ヨメ  『やから最初からそー言うとるやん!』
 

 

結局箸で食べ始めるムスメ。
 

 

 

ムスメ 『おさらもっておはしでたべたらええんやない?』

 

オレ  『イタリア人はそんな食べ方せんやろ。』

 

ヨメ  『イタリア人やないっちゅーねん。』
 

 

 

お皿持ってお箸で麺をすすりこむ様、焼ソバみたいやな~思いよったら

 

ムスメ 『(ムスメ)ちゃん、やきそーばたべよるんよ。』

 

なんや【焼ソーバ】って!?
 

  

 

オレ  『ジローラモはそんな発音せんぞ。』
  

 

ヨメ  『日本人やっちゅーねん。』
 

 

 

残さず食べて、ゴチソーサマ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

眠れ、正直者

ツレの結婚ご祝儀を2万円にしようとツレ同士で打ち合わせてて、

 

 
(ヨメさんには3万って言うといて、1万は飲み代に廻してやれ。)
 

 

イソノカツオ的発想をしながら

 

ヨメ 『ご祝儀いくらにするん?』

と聞かれた時
 

 

オレ 『あ、あ~・・・ 2万。』
 

 

フグタマスオ的解答をしてしまう程に正直者なオレ。
 

 

 

正直者と言う前に動機が不純という話もある。
 

 

 

コレといった話のふくらましも無く、本日は以上。
 

 

だって、何か知らんけどやたら眠いんですもの・・・

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

喜んで待ちませう

待たされてウレシイもの、それは2日目の煮込み系。

 

まず代表格といえばカレー

 

それにシチュー

 

先週末なんかシチューの次の日は、

ご飯の上にシチューかけてチーズのせて、

オーブンで軽く焼いてドリア風にして食べるという、

華麗なる変身をとげたもんね。

 

 

オレ 『シチューなのにカレー・・・』

 

  

今日の晩メシは、

2日目のおでん

 

先に晩メシ済ませてるムスメやのに、帰宅したオレが食べてると

 

ムスメ 『はんぶんこしてたべるぅ。』

 

と寄って来る程の魅力をかもしだす。

  

 

ヨメ   『さっき食べて終わったやろ!』

 

と怒られ

 

ムスメ 『たべたいんよぉぉぉ!!』

 

ベソかこうとも、

 

まるで気にならない程にオレも夢中。

 

 

最後は規則正しい庶民の子らしく、

 

キッチリと汁をご飯にかけ、かっこんで食べるの巻。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

以心伝心

うん・・・  うん・・・

 

そーなんよ。

 

え?

 

違う違う、今日泊まるんは街中のホテルよ。 

 

そーよ、やってやっぱ街出たいやん?

 

え?

 

ん~、今からコッチ出るからホテル着くんは8:00過ぎかな~。

 

どーする?

 

って、どーする?て聞かんでも行く気やもんな?

 

んじゃ着いたらまた電話するわ。

  

 

 

という訳で飲みに行って来ます (⌒¬⌒

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

ラブコールは突然に?

珍しい事に今週は土曜日も仕事。

慣れない事すると体も余計に疲れるけど、
慣れない事する前から疲れるこのクリスタルガラスのように繊細な体

初めて会った人から『ずっと柔道しよったやろ?』
と言われた事もあるこの体やけど、

柔道は体育の授業でしかしたことないっちゅーねん。

 

今日はずっと土曜日の準備してたんもあって、会社を出たのは2:30頃。

これから香川へ走るしかない訳やけど、
そーいや今日はヨメさん昼から休む言うてたな?

オレ 『何しよる?』

ソッコーで電話する寂しン坊。

別件で用事もあったんで丁度ええか。
 

 

出かけててさっき帰宅したとこらしいヨメさんは

ヨメ 『まだお昼食べてないんよ。』

 

もうオヤツの時間も過ぎてるんですけど。
 

 

ヨメ 『目の前で乗りたかったバスが出てってなぁ、

    次のバスまでコンビニで時間つぶしよったんよ。』

 

オレ 『(空腹で)よー歩けたなぁ。』

 

ヨメ 『途中アメ舐めて餓えをしのいだ(^^;』

 

イヤやな~空腹で倒れる妊婦って・・・
 

 

オレ 『終日モーニングOKな喫茶店ってあるやんか?

    アレこんな時間でも頼む人おるんやろか?』

 

ちなみにコレが本日一番の疑問。
 

 

店長 『モーニングさーん、出番でーす!』
 

モーニング 『アタシ今日何時アガリ!?』
 

 

頼む人の有無より終日OKなモーニングさんの体調こそ心配。
 

 

 

オレ 『あ~でも何でオレこんな時間から香川行かなイカンのやろ?』

 

ヨメ 『そーいう仕事やん。』

 

オレ 『何でいっつもオレが行かなイカンの!?

    たまにはオマエ(香川)が来いっちゅーんよな。』

 

ちなみにコレが本日一番のグチ。
 

 

これに対するヨメさんの回答は、
 

 

ヨメ 『は?』
 

 

呆れる様、極めて簡潔也。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

揺れるフェリーの上で 再び

本日の高松は見事な程の快晴

まさに絶好のフェリー日和やね~。
という訳で仕事で小豆島へ行く。

後輩 『名産の醤油買ぅてきて下さい。』

オレ 『毎度ありィ~♪』

三河屋のサブちゃんか!?
 

 

昨日天気が悪かった後なんで、天気はええけど風が強く、
海をみると波頭が朝日に乱反射して眩しいぜこの野郎。

いつものように時間ギリギリにフェリーの乗船券を買いフェリーに乗り込むと、

爺爺婆婆爺爺婆婆という程のジジババ軍団
に席を占領された後。

あっちでガヤガヤ、こっちでガヤガヤ、
揺れるジジの薄頭笑うババの奥歯が光る。
 

 

売店横の長イスを確保し朝メシのうどんを食べてると

『こちらよろしいですか?』

とテーブル挟んだ席の横からお上品なご婦人に声をかけられる。
 

 

うどんをモグモグやってるオレもつられてお上品な笑顔でうなずく。

 

 
お上品なご婦人はおもむろに文庫本を取り出し、お上品にコーヒーを飲みながらページをめくる。
 

 

『姉さん観光かィ? オレもネ、旅のついでに島の紅葉でも・・・』

フーテンの寅さんならここで声でもかけて、
港で別れた後偶然立ち寄った旅館とかで再会するんやろな。
 

 

でもオレは朝うどん中( ̄~。 ̄

どーぞ気にせず読書してて下さい。
 

 

 

どーでもええけど風が強いんで左右へのロールが強くなってきたで?

窓から見える風景も海:空の上下の比率が6:4とか3:7になりよる。
 

 

今は平気やけど、ちっちゃい頃はこーいう揺れで船酔いしよったんよな。

でもそれからすると移動中の車の後部座席でイスにも座らず歩き廻りよるムスメ、
よー車酔いせんな。
 

 

周りのジジババ軍団はというと、

『ガハハハハ!!』

の笑い声を響かせながら歩き廻り、
デッキに出たりイス移動したり売店でちくわとか買いよる。
 

 

元気やな~。
 

 

どーでもええけど
 

歩くたびに辺りに漂う香水キツイんですけど。
 

 

船よりニオイで酔うわ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

変化の無い男

ココログフリーからココログベーシックへ移行してみた。

 

とは言うても、見た目変化2%です。

 

 

ついでに内容は変化0%であろう・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

鍵盤の魔術師

朝メシも終わり、早めに買い物にでも出かけるかというところで

ムスメ 『まだあそぶんよ。』

と売る程にオモチャを広げ始めるムスメ。
 

 

オレ  『ちゃんとお片づけしてよ。』

ムスメ 『・・・』

早くも夢中の様子。
 

 

ヨメさんは洗面所で出かける準備してるんで、その間ならええか。

 

 
【違うオモチャを出すときは片付けてから】のルールが施行されてるハズやのに、
明らかに持ってきてるオモチャの数の方が多いで?

そのうち持って来たのは、保育園から持って帰った鍵盤ハーモニカ。
 

 

音階毎に色分けしたシールが鍵盤に貼ってあるんで覚えやすいんやろ~な~。

ムスメの右手が覚えてる曲を正しく奏でる。
 

 

ドー♪ レー♪ ミー♪
 

ドー♪ レー♪ ミー♪
 

 

あぁ、あの曲ね?

あの曲の曲名って、
『咲いた咲いた』やっけ? 
『チューリップ』やっけ?
 

 

ムスメ 『おとーさん、いくよぉ!』

ちっちゃい右手の親指はドの鍵盤上でスタンバイし、聞け』とばかりに息を吸い込む。
 

 

ドー レー ミー♪
 

 

おぉ、ええ調子やん。
 

 

ドー レー ミー♪
 

 

うむ、親指→人差し指→中指の連携がスバラシイ(親バカ)。
 

 

ソー ミー レー ドー♪
 

 

なかなかテンポも正確やな。
 

 

  

レー ミー ドー♪
  

 

 

 

オレ 『 ( ̄□ ̄;) ぎゃぼっ!?』
 

 

 

途中とばしたな?
 

しかもそこで演奏終了!?
 

 

ものッスゴい大胆なアレンジやったな・・・

 

まぁ、ムスメらしいっちゃ~ムスメらしいケド。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝床の攻防

寝る時はフトン並べて川の字みたいに寝るワケやけど、

オレ  『(おとーさんの)横で寝る?』

ムスメ 『おかーさん(の横)がええんよ。』

とアッサリ断られるんで、

左からムスメさんオレの順にフトンを敷いてる。
 

 

毎回断られるんやけど、今日も懲りずに

オレ  『(おとーさんの)横で寝る?』

とフッてみる。
 

 

ムスメ 『おかーさん(の横)がええんよ。』

やっぱり。
 

 

オレ  『おとーさんと寝たら面白いで?』

別に何の仕込みも思いつかないけど今日はちょっと食い下がってみる。
 

 

ムスメ 『・・・おとーさんとねる。』
 

 

お?
喰いつきました!

久しぶりにムスメの隣で寝るかねぇ。
 

 

別に何の仕込みも思いついてないだけに結果的にハードルをあげてしまうオレ。

何しよ?

寝る前の絵本、めっちゃ感情移入して読んでみるか?

 

 

寝る前のハミガキも終わり、

ムスメ 『えほんよんでくださいっ。』

とオカシイ程礼儀正しくお願いしてくるムスメはササッと自分のフトンでスタンバイ。
 

 

今日の絵本は【ぴよちゃんのおともだち】か。

OK、今までに無いぴよちゃん見せたるで?
 

 

 

オレ 『・・・はい、おしまい。』

なりやまぬ喝采の中(?)、絵本終了。
 

 

  

そしてぴよちゃんをやりきったオレにムスメはこー言う。
 

 

 

ムスメ 『おかーさん(の横)がええんよ。』
 

 

 

∑(°□°;)お役御免ッスか!?

 

しかもフトンまで入れ替えるッスか!?

 

 

 

結局いつもの配置に戻す元・ぴよちゃん

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

風と服の関係

いぃね~。

 
やっぱいぃね~コブクロ

 

最近買った2枚組み(シングル集めたヤツ)の1枚を社有車で聞いてるんやけど、

いぃね~。

何がどぉって、そりゃ~ええよ。
 

 

何回目かのリピートかもわからんけど、

1曲目の【風】のイントロが聞こえてきたんで思わず歌っちゃう。
 

 

吹く風の中に恋した人への想いを重ねるなんて、ま~ステキ☆

 

 
♪薄手のシャツじゃまだ~♪

 
 

『薄手のシャツ邪魔だ』やないよ?

まだ衣替えしてないの?なクローゼットかィ。
 

 

いきなり話のコシ折ったんでもう1回〔<<〕を押す。

 

 

♪薄手のシャツじゃまだ~ 少し寒い春の~♪

 

 

年中薄手のシャツなんよなオレ。 私服少ねぇなオレ。

少し寒い春どころかもうなんですけど。
 

 

ヨメ 『服買えば?』

と言われる度に

オレ 『今日はええワ。』

と面倒クサがって答えるツケがここに表れてくる訳ですな、わはは。

笑ぉてる場合かオレ。
 

 

毎年の事ながらこの時期になると寒くなる。 当たり前ですな、わはは。

笑ぉてる場合かオレ。

 

そろそろ忘年会もあるけど、

夏物か冬物かも覚えてないスーツで飲みに出るには夜は寒く、

店も決めずウロウロするには意外に街って広い。
 

 

そら【風】吹くどころか【風邪】も引くっちゅーねん。
 

 

 

ヨメ 『コート買えば?』
 

 

オレ 『似合うと思う?』
 

 

ヨメ 『(ーεー ) うーん・・・』
 

 

 

首をかしげるヨメさん、正直者・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

寝かせてナンボ

夜会社に帰り、後輩とそれなりにマジメな話でもしようか。

 

 
『ぐぐぅぅぅ・・・』
 

 

後輩 『今、(お腹)鳴りました?』

オレ 『やって腹減っとんやもん。 オレもぅ帰るで?』

後輩 『早ッ!』
 

 

マジメな話は終了。
 

 

立冬を迎えた日に急に寒くなったからなのか、昨晩街をウロウロしてたからなのか、
治りかけてた風邪がぶり返した感じ。

ぶり返したといえば、ブリちゃんは離婚やって?

別に興味はない時事ネタも織り込んでみる。
 

 

先輩 『酒ヤケやろ?』

と言われる程にノドをガラガラ言わせながら、こんな日は早よ帰るに限るね。
 

 

さすがに夜は寒いやね。

帰宅すると

ムスメ 『おかえりぃ!』

と出てきてたムスメも、今日は部屋の奥、閉めたドアの向こうから
 

 

ムスメ 『・・・』

 

 
なんも言わんやないかィ。
 

 

ただドアを閉めてるとはいえ、ここでうれしい予感。
 

 

( ̄¬ ̄ )おぉ、この香りは・・・
 

 

そしてドアを開けた瞬間、その予感は正しかった事を知る。
 

 

オレ 『今日、カレー!?
 

ナベをかき混ぜるヨメさん、いつもに増してステキに見えるねぇ。
 

 

 

そーなんよな~。

ここんとこの出張中の晩メシ、何か足らんと言うか物足りないと言うか(一緒か)、

なんとなく怠惰で惰性でメシ食べてる感がどっかにあったんやけど、

しばらくカレー食べてなかったんや☆
 

 

それも専門店なら探しゃアチコチにあるんやろーけど、やっぱ家のカレーよね。

ルーは市販のヤツで、別に変わった具も入ってないのに
お代わりする事が初めから決定付けられてるかのような味。

ええなぁ、カレー。
 

 

カレー食べよったら風邪がどーとか売上がどーとか気にもならんねぇ。
 

 

明日はまたオレ出張出るけど、ヨメさん&ムスメの明日の晩メシは2日目のカレーか。

ええなぁ、2日目のカレー。
 

 

【2日目のカレー始めました】って店あったら、とりあえず入るなオレ。
 

 

サイドメニューで【3日目のカレーをダシで伸ばしたカレーうどん】とかあると最高。
 

 

まかないで【4日目のカレーを使ったカレーチャーハン】が出るとしたら、

そこでバイトするなオレ。
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

聞いてる?

どーやら今日のヨメさん、職場でどーにも腑に落ちない事があったらしい。

 

 
ヨメ 『今度入ってもろた人の話この前したやんか~?』

どーやらその人の話なのね?

ヨメ 『まだ入って1ヶ月位やから

   仕事のペースがつかめんのは別にエエんやけどな?』

ふんふん。

ヨメ 『なんかオカシイんよ。』

 

相変わらず直球勝負やな。
しかも肝心な部分が抜けてるし。
 

 

ヨメさん達が書類に目を通してる時の話らしく、

ヨメ 『インモレ無いかチェックしよってな?』
 

 

インモレ?

あぁ、印鑑の押し漏れね。
 

 

ヨメ 『夕方の後20分位で仕事も終わる時間で、コッチゃ~バスの時間もあるし

    仕事の片付けと明日の準備しよる時やったんやけどな?』

 

はいはい。

 

ヨメ 『その人の机見たらまだチェックしてない書類山積みンなっとるし、

    本人は席離れたまんまやし、どーしょーかな思たんやけど

    見たらやっぱインモレばっかでな?』
 

 

出た! インモレ!!
 

 

ヨメ 『結局アタシがチェックしたんよ。』

お疲れっした。
 

 

ヨメ 『それはまぁええとして、席離れとったその人帰ってきた後、

    自分の机の上の書類片付いとん見たら解るのに

    その事に一言も触れずサッサと帰りよんで?』
 

 

ヨメさん以外に事務員おるんで誰がしたのかワカランかったんかもしれんけど、
 

 

ヨメ 『それでも「あースミマセン」位言うやろフツー!』

そらそーやな。
 

 

 

ヨメ 『誰のインモレやっちゅーねん。』
 

 

 

他にも年甲斐も無い非常識さが目立つらしい。
 

 

 

オレ 『それよりな、さっきから言いよるインモレ(印漏れ)
 

 

    ずっと【陰毛】て聞こえよったんよ。( ^ο^)』
 

 

 

ヨメ 『( ̄□ ̄ ) ハァ!?』
 

 

 

 

ムスメの人の話を聞かない所オレ似です。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

大人げない大人

昼メシをガッツリ食べた後やのに、買い物先スーパーのパン屋で

『クリームパン焼き上がりました~。』

の声にひかれクリームパンまで買っちゃう。
 

 

車中、寝てるムスメには内緒で熱々クリームパンを半分コするオレとヨメさん。
 

 

この大人げ無い買い食いの結果、

オレ 『熱ッ!!』

ヨメ 『アッ!?』

出来たてクリームパンのクリームは凶器やと知る。
 

 

クチビルに付いたら熱いアツイ(>_<。
 

 

 

夕方になっても腹が減る気配は無いし、ムスメも昼寝しないんで

オレ 『腹ごなしに散歩行っか?』

とムスメとその辺をブラブラし始める。
 

 

別にムスメに腹ごなしはいらんのやけどね。
 

 

手をつないで向かった先は近所のボーリング場。

ゲーセンやバッティングセンターやいろいろあるんで見てるだけも退屈せんやろー。
 

 

さすがに普段来るトコじゃないんでムスメも大人しくはしない。

ササッと手を離し目指した先は、レースゲームの筐体。
 
Photo_33
 
ペダルに足の届かないシートに座り、ハンドルをグルグル廻すのが楽しいらしい。
 

生意気にギアまでガチャガチャやりよるやん。
 

 

将来有望な走り屋の出現かと思われたけど、

ムスメ 『おしっこ。』

 

やはり子供よのぅ。
 

 

さすがに子供らしく、帰る頃には自らの足で歩く事に飽きたのか

ムスメ 『だっこがええんよ。』

 

やからオマエ、抱っこしたら重いんやって!
 

 

手を引いても動かない。

 

オレ 『バイバイ。』

と帰るフリしたら騒いでウルサイ。
 

 

しょーがないんで肩車するんやけど、

別に『あら~、優しいおとーさんやね~。』とそこらのおばちゃんにアピールしたい訳ではなく、

正中線に近く重心が取れるんで安定するのさ。
 

 

 

歩きながら空に目をやると、日暮れ前やけどもが見える。
 

 

オレ  『あそこにお月さん出とるよ?』

ムスメ 『ほんとやねぇー。』

 

どーでもええけど家まで結構距離あるな。
 

 

近所の住宅街に続く田んぼ脇の道を曲がった所からも当然やけど空には月が見える。
 

 

オレ  『ここからもお月さん見えるで?』

 

と言うと
 

ムスメ 『おつきさん、2こあるんやない?』
 

 

 

ほ~・・・
 

 

なかなか子供らしいシャレた事言うやんか。
 

 

 

ヨメさんには【オレが言った事】にしてもイイですか?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

今日は○○の日

オレ 『暑いよな~。』

後輩 『天気ええっすもんね~。』

そんな会話をするけども今日から11月やんな。
 

 

今年こそはダウンジャケットでも買うかと少しだけ思いよった事もあるけど、

このままじゃその金でCD買うで?
 

 

 

11月1日。

なんでも今日は【寿司の日】らしいねぇ。
 

 

『SUSHI? I’m lovin’it !!』

と答える外人さんも2人位はおるんじゃねーの?(テキトー)
 

 

外人さんと寿司屋の関係と言えば、

寿司屋に入った外人さんが

外人 『Economy(経済的に)』

と言ったのを

大将 『お好み』

と聞いて旬なネタに腕をふるい、

 

 

予想外に高い会計に驚いた外人さんがいたとかいないとかいう話

を誰かに聞いた話やったのかTVで見た話やったのかも覚えてないけど、

 

 

( ̄∇ ̄ ) まぁ、ええか。
 

 

 

そんなオレの晩メシは、

あても無く歩いてて見つけた路地裏の中華料理屋さんのチャーハン。
 

 

でも【寿司の日】らしく、将太の寿司』を読みながら食べたとさ。
 

 

 

オレ 『大将、アガリくんな。』
 

店長 『は?』
 

 

 

そんな会話はしてないけどね。(テキトー)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »