« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

時に貪欲に

年に1回の出来事。
誕生日、結婚記念日を始めとしていろいろ。

これからの時期やと忘年会に新年会。

って忘年会も新年会もそれぞれ違うメンツでやるんで年1回どころやないか。
 

 

今日の年イチの出来事、それはお客さんトコでの機械の部品交換。

But、年1回しか仕事しないという訳ではナイ。
 

 

機械の天板のネジを外し交換する部品なんやけど、脚立に登らんと手が届かない。

しかもオレ限定で言うと、それなりに高さがある脚立が望ましい。
 

 

オレ 『なんか足場になるよーなモン無いですか?』

出された足場は必ずしも満足な高さではなく、結局足場を2個重ねて使っちゃう。
 

 

作業としては天板の12個のネジを外す訳やけど、
当然手前から奥に向かうに従い手が届きにくくなるんでその難易度は増す。

一番奥に横に4個並ぶネジになると、ドライバーを垂直に立てて廻す事すら難しいで?

若干斜め手前からネジ山にドライバー先端をあてがいグリグリ廻そうとするんやけど、
ヘタ打つとネジ山ツブしちゃうんよね。
 

 

しかしネジきついな。
 

 

片手を伸ばして届くレベルなんで手の平で握るんやなく指先でしか廻せない。
 

 

オレ 『フッ!!』
 

て息を吐きながらイッキに廻してみたりする。
 

 

やっぱ固いぞこのネジ。
 

 

前回誰が締めたんや一体!?
 

そりゃオレやんな。
 

 

となると、前回どーやってこんだけ固く締められたんやオレ!?

そっちの方が気になるな。
 

 

 

だんだん握力も弱ってきたで?
 

 

 

この後まだ2台部品交換せなイカンのに、どーするオレ!?
 

 

 

こんな時、

昔通販でみた角度をフレキシブルに変えられるドライバーがあったらラクやのにな。
 

 

こーいう場合を『無い物ねだり』と言ふ。
 

 

 

右手で廻したり左手で廻したりしながらやっとの思いで部品交換も終了。

来年の同じ作業のために、一番奥の列のネジは甘く締めておく。
 

 

 

『金もいらなきゃ女もいらぬぅぅ~♪』
 

って歌(ネタ)もあったけど、
 

 

 

マジあと20cmでええから身長伸びんかな?
 

出来れば足限定で伸びて欲しい。
 

 

 

こーいう場合こそ『無い物ねだり』と言ふ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

寝てる間に縄を・・・

買い物中よそ見をしながら歩いてるムスメを

 

【ムスメを愛す父の会 松山支部(仮称)】

としては手を握る事しか思いつかず、

 

【ムスメが他所様に迷惑かけちゃマズイと思う会 (我が家限定)】

としてはつかまえとくしかないと感じ、

 

手を握ったところで手を握った相手がおとーさんやと気付いたムスメに

強引に手を振り解かれたおとーさんことオレ。

 

そんなムスメに振り回された1日も終わる頃、ヨメさんが

ヨメ 『なわとび用意せなイカンかったんや。』

と思い出す。

 

保育園で使うってんでダイソーで買ってたなわとびを持ち出し名前を書いたところで長さ調節しとかなイカン事にも気付く。
 

 

オレ 『アレ(長さ調節)って、
    
縄を足で踏んで両肩にかかる位の長さが丁度ええんやっけ?』

 

ヨメ 『肩越しに持ち手がくる位やったよな?』
 

 

なんか懐かしい会話やな。
 

 

ヨメ 『冬になるとなわとびしよったよな。』
 

オレ 『何でか半ズボンやからピシッて当たったら痛かったで?』
 

 

いと憎し二重跳び。
 

 

 

ムスメの身長に合わさなイカンのやけど、肝心のムスメはもぅ寝よるんで起こすワケにはいかない。

という訳で、寝てるムスメに縄を合わせて長さ調節するの巻。
 

 

いつもながらスゴイ寝相のムスメやけど、

今日はフトンを枕に畳の上で襖に足を立てかけて寝てる。

ちょっと位動かしたところで起きるハズもな~い。
 

 

ゴロゴロと布団の上まで転がし、『気をつけ!』の姿勢にしたところで長さ調節開始。
 

 

ムスメの周りにぐるりと縄を置き、

足の裏に縄を引っ掛け肩までピンと引っ張って長さの調節。
 

 

ホントに『気をつけ!』で直立不動(寝よるけど)のままジッとしながら

ムスメ 『すー・・・、すー・・・、』

と寝息を立ててるのがヤケにオカシイ。
 

 

 

オレ 『起きんもんやな。』
 

 

ヨメ 『まさか寝よる間にこんなんされよるとは思わんやろな。』
 

 

ていうか、

起きてる時やったら大人しく言う事聞く事の方が珍しいんで

素直に縄の長さ調節なんかさせてくれんやろな。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

サプライズな朝

出張先のホテルの朝はいつもどおりの朝。

起きてTVつけてベッドに座ってネット見たりトイレ行ったり。

トイレから戻ったところでブゥーン、ブゥーンと携帯のバイブが震えるんで見るとヨメさんからの着信。

なんやろ?と電話に出るとしばらく間があった後
 

 

『おとーさーん。』
 

 

ムスメやんか。

またヨメさんのケータイ勝手にいじりよんか?
  

  

 

ムスメ 『おとーさーん、おたんじょーびおめでとー。』
 

 

お?

そぅ、今日誕生日ですオレ。

ヨメさんが電話かけてくれたのね。
 

 

オレ  『ありがとー!』
 

ムスメ 『おとーさん、なんさいなったん?』

33歳の朝を迎えましたオレ。
30+3歳やから
 

 

オレ  『3歳よ。』

と言うと

ムスメ 『(ムスメ)といっしょやんかー。』
 

 

ちなみにヨメさんも同い年なんで

オレ  『おかーさんも3歳よ?』

と言うと

ムスメ 『みんないっしょやんかー。』
 

 

電話の後ろで笑うヨメさんの声が聞こえる。
 

 

ムスメ 『おとーさん、きょうかえってくるぅ?』

こんな電話もらっちゃー直帰する気マンマンですオレ。
 

 

ムスメ 『おしごと? (ムスメ)ちゃんもほいくえんいくんよ。』
 

オレ  『いっぱい遊んどいで~。おとーさん早よ帰るから。』
 

ムスメ 『うん、じゃーまたくるけんなー。』
 

 

あっはっは。
『また来る』てオマエ、帰省中か?
 

 

オレ  『電話ありがとーな~。

 

     おかーさんに変わって。』
 

 

ムスメ 『ブチッ(通話切断)。』
 

 

(||| ̄□ ̄)オィ!?
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

新しい獲物、見つけた

夜仕事を終え、ホテルにチェックインする前に古本屋へふらりと立ち寄ってみる。

目当ては【のだめカンタービレ】
 

 

昨日の日記にも書いた通り、ドラマは見てないけど
『ふとした事から気になり始めたあの子』的初恋感情にも似たこの気持ち。

1・2巻はコンビニで読んだけど、3巻以降がどーしても読みたいんで、あるかないかワカランよーなコンビニ巡りよりも確実な方法を取るべく古本屋へ寄った次第でありマス。

フツーの書店じゃナイロン包装されてて立ち読みできんからね。
 

 

しかしズラリと店内に並べられた本の壁。

思い切り体当たりしてドミノ倒ししたい衝動をグッと抑え、さっそく【のだめ】探しとまいりませう。
 

 

( ̄_ ̄ ))・・・
 

 

・・・((  ̄_ ̄) 
 

 

どこにあるのかワカラン。

出版社も知らんし、作者も覚えてない。
 

 

あ、アレか?

女性誌コーナーとかにあるんか?
 

 

キッツイな~、オレにとっちゃテリトリー外やん。

本棚の横から顔覗かせて本棚に刺さってる出版社とか作者名の見出しを見てみるけど、
出版社も作者も覚えてないんやったわ。
 

 

オレ 『探すん、また今度やな。』

とりあえず今日はおしまい。
 

 

 

古本屋に来たついでやし、今まで読んだ事無い本でも読んでみるかとウロウロしてて何気なく手に取ったのは

【鬼平犯科帳】 原作:池波正太郎  作画:さいとうたかを

 

中村吉右衛門主演でTVドラマ化されてたヤツは何度か見た事あるけど、
マンガで読むとまた面白いぞコレ。

 

登場人物やストーリーはもちろんやけど、

何より酒飲む場面や料理をつまむシーンが最高☆
 

 

今程に多種多様な調味料があるでもなく、

『フランス産オマールエビでございます。』

とか海外から空輸される特選素材があるでもない時代の食事風景やけど、

実にウマそう ( ̄¬ ̄ 

 

 
寒い夜に飲む熱燗のお猪口親父、冷やでな。』と頼んだ後運ばれてくるとっくり

そんなに日本酒を飲み慣れてないオレやけど、やたら飲みたくなってくる。
 

 

 

これはゼヒ小説でも読んでみて、

腹イッパイ想像してみたいね~。
 

 

 

明日からは【鬼平】探してコンビニ廻ったりして。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

ぎゃぼーん!

フロでムスメに
ムスメ 『おっぱい♪』
を触られセクハラされたおとーさんことオレ。

『おっぱい』『大胸筋』へとカムバックする日は来るのか?

大学時代のあのBODY! 

( T□T)『カムバーック!! カムバーック!! カムバーック!!』
 

 

そんなムスメが夜なかなか寝付かない事が多いんで、しばらくドラマとかも見てないな。

ただでさえ夜9時からのドラマって
ムスメのおやすみタイムにかぶるんでTVはつけてない時間やし、
なおかつ初回を見逃すと続きを見る気もガクンと失う。

10月って新ドラマスタートの時期やのにね~。
 

 

話題の月9(今日は水曜やけど)といえば【のだめカンタービレ】

コレも初回見逃したヤツやけど、帰宅後ヨメさんにこんな話をする。
 

 

オレ 『今日コンビニ寄った時、のだめのコミックがあったんよ。

    とりあえず1巻をパラパラ見よったんやけど、

    アレ、おもしろいな。』
 

ヨメ 『(1巻)全部読んだん!?』
 

 

読んじゃったんだねー。
 

 

オレ 『所々TVで見た場面が出てきてな(当たり前やけど)、

    あーこういう話なんや~ってチョットわかったわ。』
 

ヨメ 『へ~(興味薄)。』
 

オレ 『ほんで1巻読んだら、横に2巻があったんよ。』
 

ヨメ 『(2巻も)読んだん!?』
 

 

読んじゃったんだねー。
 

 

ヨメ 『店もええ迷惑やな。』

オレ 『ほんで2巻読んだら、横に16巻があったんよ。』

ヨメ 『(まさか)読んだん!?』
 

 

読ん・・・ではないよ、さすがに。
 

 

オレ 『あーこれ最新刊やな?思て、ドラマも始まったし、

    最初の頃のコミックで気を引いて最新刊見せといて

     好奇心煽ろうってコトやろな。』
 

ヨメ 『そーかもな(興味薄)。』
 

 

オレ 『そんで2巻まで読んだもんやから続きが気になってしゃーないなってぇ、

 

    3巻が読みたくて

 

   目に付くコンビニ全部入ってやった。』
 

 

 

 

ヨメ 『仕事せーよ。』
 

 

極めて正しいツッコミやな。
 

 

  

結局3巻無かったんで、

明日からの昼メシ時は【のだめ】置いてる喫茶店探してたりして。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

ミーティングの成果は

【聞く】【知る】と言う事。
【知る】【理解する】と言う事。

これは今日の営業ミーティングで出たキーワード。

下半期の業績向上を目指すにあたり、今一度お客さんとの関係強化のために
お客さんが直面する課題を知り現状に即した提案をしようという内容やった。

にゃるほど。
【聞く】【知る】ね。

そーいう会話ができるような人間関係を築くのも大事よね。

 

そーいえばよく聞く話やけど、
子供の『なぜ?』という質問をめんどくさがって答えないのは良くないとの事。

『なぜ?』ってアレコレ聞きたがるんが子供ってもんよね。

日々いろんな事を体験し吸収するムスメがどんな事に興味を持ってるのかは
オヤジとして知りたいとこやし、
それにムスメの疑問にさらっと答えられるオヤジってカッコイーやろーな。
 

さぁムスメよ、

思い抱く日常の疑問をナンボでもぶつけて来んかィ!
 

 

ムスメ 『なんでおとーさん、おしごとなん?』

オレ  『お仕事大事やからよ。』

ムスメ 『ふーん。 なんでおとーさん、ごはんたべよんよぉ?』
 

 

え? もぅええの!?

てか、晩メシは食べさせてよ。
 

 

オレ  『お仕事頑張ったからよ。
     (ムスメ)も遊んだ後はお腹空くやろ?』

 

ムスメ 『・・・。(よそ見)』
 

 

聞けよ! 話を!!
 

 

  

ムスメ 『きょうね、ほいくえんで○○せんせぇと△△ちゃんとあそんだんよ。』

オレ  『ええなー。何して遊んだん?』

ムスメ 『ぶろっくとねー、おべんとたべた。』
 

 

なんか、途中飛ばした?
 

 

 

ムスメ 『きょうねぇ、えんえんいうてないたんよ。』

 

オレ  『なんで泣いたん?』

 

ムスメ 『おかーさんにおこられたんよ。』

 

オレ  『なんで怒られたん?』

 

ムスメ 『えぇんえぇんいうてないた。』

 

オレ  『やからなんで泣いたんよ?』
 

 

 

するとムスメ、
 

 

 

ムスメ 『なんでもぉおとーさん、

    なんでなんでってきくんよ!』
 

 

 

ムチャクチャ言うな~オマエ・・・
 

 

 

ムスメにめんどくさがられて答えてもらえないってどーなん?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

芸術 vs 集中力

母親 『明日おる?』

と電話があったのは昨日の事。

オレ 『おるで。』

と答えたのも昨日の事。当たり前か。
 

 

なんでも県立美術館で絵画の展覧会(県展)やってて、
母親が書いた油絵も展示してもらったらしいんで見に行こうという誘いの電話やった。

もしオレがまだ独身やったら間違いなく断るであろう誘いやな。

 

あ、でも、もれなく晩メシがついてくるんで

オレ 『県展見て終わってから迎えに来て。』

とは言うな。
  

 

 

ちょうどオレらが結婚した頃から始めた趣味で、

『誰か一緒に行く相手がおれば別に行ってやってもいい。』

とのオレ的心理をよく理解し誘いをかけてくる。

今までも何度か展示される度に誘われ、出かけてしまうのよね。
 

 

さて困ったことに、別段興味の無い事の誘い程時間を持て余す。
 

 

去年はムスメがまだ小さかったのもあって

ムスメを抱っこしたり歩かせたりとムスメで時間がツブせよった。
 

 

今年は自分からウロウロ歩き廻りよるし、

ジジババと手をつないで勝手に見て廻るんで楽っちゃーラクやけど、

そーなると大人しく鑑賞するしかないねぇ。
 

 

折りしも季節は芸術の秋。

 

学芸員 『申し訳ありませんお客様。

     七分丈カーゴパンツに裸足でサンダル履きという

     季節感の無い方のご入場はご遠慮下さい。』

とか気の利いたジョークを飛ばす学芸員は・・・おらんよな。
 

 

 

館内では腰の後ろで手を組み、絵から2mほど距離をおいて眺め、

時折うなずく小ワザを交えながら視線を送る。
 

 

絵画への造詣は洗面器よりも浅いけども、ワカランなりに

オレ 『これ見よがしに「手間かかってますでショ?」みたいな絵はイヤよな。』

とか

オレ 『絵の題名と内容がどーリンクするんかワカランな~。』

とか考えてみたりして。
 

 

 

そのうち母親に呼ばれたブースには、やはり母親の書いた絵が飾られてる。
 

 

母親 『今までと絵のタッチ変えてみたんよ。』

うーむ、ワカラン。
 

 

 

一通り見て廻った後、美術館を出た所で親父はこー言う。
 

 

親父 『絵が多すぎて疲れるわ。』

うーむ、同感。
 

 

 

展示枚数が全部で10枚くらいまでやったら集中力キープ出来るのにな。
 

 

母親が書いてた人物画の題名すら覚えてないもんね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

欲しい物はナニ?

今日はムスメが保育園でヨメさんは休みなんで、久しぶりに2人の休日。

 

 
オレ 新しいスーツ欲しいんよな。』

という訳で○山(『青』でも『はる』でも可)へ行く事に決定。
 

 

ついでに、欲しい』とか『買う』とか言い始めて何度シーズンを越えたであろう

今年こそ土鍋を買おうと某ホームセンターへ行く事にする。
 

 

さらについでに

ヨメ コーヒー安かったんよ。』

某スーパーの広告の品を買いに行くのも追加。
 

 

 

相変わらず調子の悪い車のCDは

忘れた頃急に曲がかかりビクッてなる。
 

 

 

オレ 『ついでカーステレオ買いに行かん?』

ヨメ 『そこまでのお金は無イ。』

あぁ、そぅ・・・
 

 

 

ヨメ 『無くなったら困るから。』

とまずスーパーへ向かう。

目的のコーヒー以外の買い物の方がマジ顔なんは気のせい?
 

 

ヨメ 『込む前に行きたい。』

と次にホームセンターへ行く。

いよいよ念願の土鍋。 買う前からいろんな鍋料理が楽しみやけど、

始めにおかゆ作るとイイって言うし、必然的に今日の晩メシは雑炊やな。
 

 

 

しかし今日も天気がイイねぇ。
 

暑くも寒くもなく、『まことに本日もお日柄も良く』の挨拶が似合う土曜日。
 

 

時刻はお昼前やし、

オレ 『弁当でも買ぉて食べる?』

と近くにある総合公園へプチ遠足しちゃう。
 

 

妊婦なヨメさんに

オレ 『エレベーターで上(芝生んトコ)まで上がるか。』

と気遣うと、

ヨメ 『そんなんあるん?』

よー知っとるやろ?
 

 

だってオレ、ここ来るの3週連続やし。

ムスメと毎週来てたらいろんな設備も覚えるっちゅーねん。

 

 

  
日陰のベンチで

弁当広げて食べるん気持ちええねー( ̄¬ ̄

 

いたる所で弁当を食べる家族連れがおるけど、ええ風景やな。
 

 

 

腹イッパイ食べた後の腹ごなしで散歩でもするかと歩き始める。
 

 

ヨメ 『この道行ったらどこに出るんやろ?』

オレ 『展望台まで行けるんよ。』

ヨメ 『よー知っとんなー。』
 

 

やからオレ、3週連続やっちゅーねん。
 

 

 

オレ 『オレらが公園で弁当食べた事を知ったら

   「なんで(ムスメ)ちゃんおらんのにいくんよー!」

   て怒るんやろーな^^』
 

 

そんな話をしながら帰り、昼寝でもすっかな~とか考えてて
 

オレ 『あっ。』
 

と気付いたけど、
 

 

 

オレ、スーツ買いに行くつもりやったんやな?
 

 

 

ヨメ 『ホンマやん。 どーする? 買いに行く?』
 

 

オレ 『今日はええわ。』
 

 

 

結局『欲しい』とか『買う』とか言いながらいつも買わんのよな。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

最下位・・・

めざましテレビ・今日の占いカウントダウンにて栄えある最下位に輝いたオレ。

その甲斐あってかガム噛んでてクチビルまで噛み、
クチの中はあっという間にガムの味から鉄分だか赤血球だかの味へと変わる。

お茶がしみるねぇ(>_<。
 

 

気を取り直し昼メシで入った喫茶店の今日のランチは『豚焼肉定食』とな?

ええねぇ。疲れた体にビタミンBが効きそうやな。
 

 

いつものよーにおばちゃんが運んでくるランチに目をやると、

オレ (あの色合いからすると味噌味やな?)

所々黒く見えるんはキクラゲか。
 

 

読みかけのマンガをふせ、お絞りの包装を破き手を拭きつつ待つ前にランチが運ばれる。
 

 

オレ 『!?』
 

 

キクラゲかと思いよったんはオレのキライなナスビやん。
 

 

大人気なく皿の端にナスビを除けてみると

オレ 『またやたらと入っとんな。』
 

 

さすがにこんだけ残したら何か言われるかな?と思いなんとかしようと考えるけども
なんともならないからキライな食べ物なんよね。
 

 

大人気無いけども

オレ 『クチの中に放り込んでトイレに行って流してやろうか?』

と子供じみた方法を思いつき、息を止めクチに放り込みトイレに立とう・・・
 

 

とした瞬間、

店のオヤジに先にトイレに入られてしまう。
 

 

 

オレ、クチん中キライな物でイッパイになってるんですけど。
 

 

マジでピンチなんですけど。
 

 

皿の上にクチから戻す訳にもいかず、
トイレを待つには長すぎる間になるであろう事は容易に想像できてしまう。

どーするオレ!?
 

 

結局、
水をちびちび含みながらノドの奥に流し込んださ。
 

 

もちろん噛まずに。
 

 

昼メシ食ってこんなダメージ喰らったん初めてやな・・・
 

 

 

仕事を終え松山に戻り、いつもより早い時間やけどもさすが秋だけあって暗くなるんも早い。

なので『直帰してやれ』と即決。
 

 

帰宅し、玄関に出迎えてくれたムスメがクチをモグモグさせてるとこ見ると
まだメシ終わってないんやな?
 

 

ヨメ 『食べ始めるん遅かったんよ。』

家族揃っての晩メシにありつけるんでオレにとってはタイミング良かったね。
 

 

と思ったら

ヨメ 『ゴメン。こんな早よ帰ってくる思わんかったんで納豆食べよる。』
 

 

納豆もダメなのよね・・・

ヨメさんとムスメが2人して納豆をご飯にかけとるやんか・・・
 

 

ムスメは納豆かけたご飯茶碗を持って落ち着き無く動きながら食べてるんで、

動く度にあのニオイがホワァ~と漂ってくる。
 

 

オレ  『もーオマエ、動かずに食べーや!』

 

ムスメ 『あはははは(^□^』

 

ヨメ  『ムリやろ。』
 

 

いっちょまえに茶碗の上で箸をぐるぐる廻しよるし。
 

 

コッチはコッチで自分のおかずに集中しようとしよんのに

ムスメは動きながら食べ、食べながら喋るもんやから、

その度にあのニオイがホワァ~と漂ってくる。
 

 

オレ  『もーオマエ、クチ開けずに食べーや!』

 

ムスメ 『あはははは(^□^』

 

ヨメ  『やからムリやって。』
 

 

 

占い、大当たりやな・・・

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

○○○の出来ない男

後輩とコンビニに入る。

いつものよーにコンビニで立ち読みした後のプチ罪滅ぼし的気遣いにより
茶でも買うかとドリンクコーナーをウロウロしてると、

久しぶりにエネルゲンを発見。

 

オレ (うわ~、エネルゲンなんか久しぶりに見たで~?)

と考えてると

 

後輩 『そっすねー。』
 

どーやら声に出してたらしい。
 

 

平成の世もあと2ヶ月少々で18年が経とうとする今日、
33回目の誕生日を迎える1週間前にして

『隠し事の出来ない男』なオレ、誕生 (>ε< バブー♪
 

 

 

コンビニを出てコーヒーを飲む後輩に

後輩 『今年忘年会いつするんスか?』

と聞かれる。
 

 

そぅ、今年は『幹事な男』なオレでもある。
 

 

忘年会の日程もそーやけど、場所決めも悩み所よね。

大体ドコもそーかも知れんけど、一次会で帰る人と帰らない人に分かれる。
 

 

帰る人は一次会がメインなんで『イイ物を飲み食いしたい』と言う。

帰らない人は二次会以降がメインなんで『一次会はまぁそれなりで』と言う。

 

 

『【飲みに出たら帰りたくない病】が持病な男』なオレは当然後者ね。
 

 

 

二次会以降でマネーを遣うからというて

オレ 『飲み放題&食べ放題でええか。』

とはさすがに言わんけど、ていうか大学生の頃はそれでも良かったな。
 

 

 

そもそもマネーの持ち合わせも無い連中ばっかやったんで

先輩 『居酒屋でも行っか?』

って時は店行く前にラーメン食ってから行きよったしな。
 

 

飲んだ後は大街道をダッシュして酔いを強めてから次の店行ったりね。
 

 

 

オレ 『大体少ない持ち金を無理して遣うから貯まらんかったんよな。』

後輩 『何の話ですか?』
 

 

始めの質問に対し勝手に脱線した解答をプレゼント。
 

 

 

後輩 『で、いつにするんスか?』
 

 

 

グビッとお茶を飲み込んだオレはこう答える。
 

 

 

オレ 『(忘年会)せなイカンのかな?』
 

 

 

 

後輩 『は?』

 

オレ 『別に忘年会がしたいんやなくて、飲み会がしたいだけなんよな。』

 

 

 

『隠し事の出来ない男』
 

御役御免を前にしてすでに幹事役に飽きてる事

 

も隠さない。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

○○ミスやな

某CDショップでコブクロのベストを買って帰る。

 

CDと一緒に袋に入ってる新譜情報をぼんやりながめながら

オレ 『あ、ジャミロクアイもベストだすんや。』

と思ってたら、

 

Photo_22

 

オレ 『ん?』

 

Photo_23

 

なんや『べスと・アルバム』って!

 

 

べス!?  どこの犬!?

さらに『ミュージッく』!?

土佐弁で『オレの』を『ウチん』って言うけど、その法則にしたがうと

『ミュージッさんの家』・・・ナニ人!?

 

 

ヨメさんに見せると『ベス』が気に入ったらしく大爆笑。

 

 

 

まぁ変換ミスもあるよな~このワープロ全盛のご時世やし・・・

 

と思ってたらその下段、

 

Photo_24

 

オレ 『んん?』

 

Photo_25

 

なんかもぅ物凄くノリノリとしか思えんな。 

 

 

オレ的には『セックシー』にメロメロ ( ̄∇ ̄ 『セックシー・・・』

 

 

てか変換ミスというか、確認ミスやろ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

時差があるかのような朝

出張先の今朝、ヨメさんから写メが送られてくる。

 
見るといつものように食パンをスイカのようにかぶりつくパジャマ姿のムスメ
 

  

オレ 『普通やん。』

と思ってたら本文には

ヨメ 『こんな時間やのに(>_< 』

と書いてある。
 

 

えー、ただいまの時刻、

 

8:10。
 

 

えらいのんびりと優雅な朝食の風景やな!
保育園&会社遅れるで!?
 

 

夜帰宅して今朝の写メの話を聞くと、

ヨメ 『(ムスメ)に

    「おかーさーん、もぅおきるぅ。」

    て起こされたんよ。』

と言う。
 

 

やけに早くムスメが先に起きる事もあるんで『あぁ、またか。』
って思いながら目覚まし代わりのケータイを手にとったらしい。

ヨメ 『起きたら何時やったと思う?』

うーん、7:30?
 

 

ヨメ 『オシイ! 7:40。』

いや、その10分の差がどーこー言う前に
いつもより1時間遅れやんか!
 

 

ヨメ 『手元のケータイ見て「はっ!?」て思て、

    もう1個のケータイ見て「はっ!?」て思て、

    最後に時計見て「はっ!?」て思た(^^;』

その瞬間が目に浮かぶなぁ。
 

 

ヨメ 『いつアラーム止めたか知らんけど、

    起きた瞬間「止めてない」と思たもんな。』

 

 

あはは。
 

 

ヨメ 『こんな時間やいうのに(ムスメ)はのんびりパン食べるし。』

それがあの写メか。
 

 

 

間に合ったんかどーか聞くと、
 

 

ヨメ 『保育園送って私はバス1便遅れたけど、5分くらい遅れただけですんだ。』
 

 

 

世間一般ではそれを【遅刻】と言う。
 

 

 

オレ 『大変やったなー。』

と言うオレやけど、

今朝写メが送られてきた時間、
 

 

実はのんびりと朝風呂から出たトコやった
 

 

というのはナイショにしておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

予想外の動き

実は先週の3連休はカゼで調子崩してて、月曜日なんか

オレ 『ちょっと寝かせて。』

と昼メシ後フトンに包まって寝込んでしまうというまるで二日酔いのような状態に陥る。
 

 

飲んでもないのに二日酔い気分ってのは何か損した気分よね。
 

 

そんなこんなで木曜になってもなんか胃が胃じゃナイような状態なんで、
実はそんなに腹も減らない。

昼に食べたラーメンがまだ残ってる感じ。

単にガッツリ食べ過ぎたからって話もある。
 

 

ちょっと脂っこいモン食べると胃がもたれる感があるんで、

やっぱうどん?
 

 

でもな~、うどんはすぐ腹減るんよな~。

って、食欲無いんやナイんオレ!?
 

 

 

まぁオレ的には非常に珍しい事ではあるけども、

ホテルにチェックインした時点でも食欲がないんでしゃーなく

オレ 『コンビニで牛乳でも買って飲むか。』

とコンビニを求めてウロウロと歩き始める。
 

 

ウロウロ・・・
 

ウロウロ・・・
 

 

こんだけウロウロしたらそのうち腹も減るかな?
 

 

ウロウロ・・・
 

ウロウロ・・・
 

 

 

無いやんコンビニ!?
 

 

もぅ交差点の向うは飲み屋街やし。
 

(飲みに)行けってコト!?
 

 

 

イカンイカン(>_<。

確かに腹は減ってきてうっすら汗もかいてきたし、
ビールもちょっと位ならええやろ的言い訳が頭ん中グルグル廻りよるけど、

  
飲んだら100パー腹にくるね。
 

 

そこらでうつむいてるんか寝てるんかワカンナイ占い師よりも確実に当てる自信あるで?

【予想屋らっきぃ♪】本日開店(1日限定)。
 

 

オレ 『飲み屋街行かんかったらええんや。』

と初心に立ち返り今来た道を引き返すオレ。
 

 

オレ 『あ。でもこの時間ここら歩きよったら誰かに会うな・・・』

前も飲んべ2人(ツレ)に会って遅くまで飲んだんよな。
 

 

こんな予想ってたぶん当たるんやろーな。
 

 

大人しく違う道通ってホテルに帰る途中、いつもは気にならない方向を見ると
 

 

オレ 『あった・・・(T∇T 』 ←なぜか小声
 

 

コンビニ発見!
 

 

 

おでんとビール

 

を買ってホテルに帰る。
 

 

 

自分ゴトながら結局飲むってコトは『予想外デス。』

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

パスワードは正しく認識されるか?

ヨメさんが産休に入るんはまだ先やけど、その間仕事を手伝ってもらう人がすでに入ってるらしく

今日はその人の歓迎会らしい。

 

その人の歓迎会やのにメニューは

ヨメ 『「伊勢エビ付和食コースがいい。」って言うた。』

となぜアナタが決めるかな。
 

 

なのでヨメさんが夜いないので、

ムスメのお迎えから晩メシはオレがやるって話になってる。
 

 

 

昼メシ前、ムスメのお迎えが何時までやったか確認しようとヨメさんに電話してみる。

 

オレ 『^∀^)もぅ松山帰った方がええかな?』

ヨメ 『( ̄□ ̄ 早すぎるわ!』
 

 

 

オレ 『晩メシ何食べさせたらええ?』

ヨメ 『野菜炒めとひじきの煮物が残っとるし、

    「シューマイあるよ。」言うたら

    「しゅぅまいたべるぅ!」て喜んどったから

    シューマイ温めたんでええんやない?』
 

 

了解。
 

 

 

いつもヨメさんがお迎え行ってるんで、土曜とかにオレがお迎え行くと

ムスメ 『なんでおとーさんなんよ。』

と言われるんよな。
 

 

ヨメ 『今日も言われるんやない?』

オレ おかーさんは?」とかな^^;』

 

ヨメ 『でも朝シューマイでテンション上がっとったから、

    「シューマイ食べる?」とか言うたら機嫌エエんやない?』
 

 

単純なムスメ思考よのぅ。
 

 

 

いつもより早く高松を出て保育園に着いたのはおそらくいつもヨメさんが行くのと同じ時間。

先生にムスメを呼んでもらい出てきたムスメは・・・
 

 

 

何も言わず靴を履き先生にバイバイと手を降る。
 

 

差し出した手も素直に握り返してきよるし、おとーさんもウレシイ。
 

 

 

と思ったら園を出て車に戻る数メートル手前で
 

 

ムスメ 『なんでおとーさんなんよ。』
 

 

 

( ̄□ ̄||| 言われた。
 

 

 

 

ムスメ 『おかーさんは?』
 

何? その曇った顔は?
 

 

 

でもこんな時の危機脱出パスワードは『シューマイ』やったな。
 

 

 

オレ  『帰ってシューマイ食べよーか?』
 

 

 

ムスメ 『(ムスメ)ちゃん、
 

     はんばぁぐがええんよ。』
 

 

 

フロントガラスに【パスワードが正しくありません】のログイン画面が見えたね。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

理想の親子関係とは?

出張先で【さんま御殿】のスペシャルを見てて、関根勤父娘の話がやたら面白くて

オレ 『アレ面白かったなー。』

って言おうとヨメさんに電話したらムスメとオフロ中やったらしく電話に出られず、

空しくヒトリTV見て笑うオレ。
 

 

電話したのを忘れた頃に

ヨメ 『ナニ?』

と掛かってきたんでさっきの関根勤父娘の

「話に夢中で周りに気を遣えない父に帰宅後1時間説教した」

って話を教える。
 

 

 

仲良さそーで友達みたいな関係が嫌味無く出てるなーと思い

 

オレ 『ええなー、

    ムスメからダメ出し食らう親子関係って^^』

 

って言うと

 

 

ヨメ 『心配せんでも

 

  そーなるよ。』
 

 

 

 

そんな気がしないでもない。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

バッドモーニング

昨日ムスメと行った総合公園での滑り台、アレ面白かったな~。

 

 

サランラップの芯みたいなローラーが並ぶ上を滑るヤツなんで

結構スピードがのって面白いんよね。

 

 

 

 

スピードの代償は

 

しっかりと

 

ケツに痛みとして残る。

 

 

 

 

今朝の寝覚めは

朝寝返りした時のケツの痛みでした。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

ムスメに危機迫る

今日は午前中ヨメさんが仕事なんで、ムスメに

オレ 『どっか行くか?』

と聞くと

ムスメ 『こうえんいくぅ。』

との事。

 

 

リクエストにお応えして向かった先は総合公園

久しぶりに行くんでどの駐車場に停めりゃどこで遊べるんかワカランな。

 

第2駐車場に停め上に上って行くんやけど、自分で歩かないムスメを肩車して登る。

 

オレ  『歩けや!』

 

ムスメ 『いやよぉー。』

 

 

しばらく滑り台で遊んだ後、さらに上まで行く。

 

 

オレ  『歩けや!』

 

ムスメ 『いやよぉー。』

 

 

ドラクエにでも出てきそうな展望台に登ると松山市内が一望でき、

松山城なんか指でツブせそうな程に小さく見えるんで

 

オレ 『とったど――――!!』

 

天下取りの第一声をあげてしまう。

 

 

展望台でウロウロするムスメやけども、気付くと

 

アブナイ!!

 

それ以上行くと食べられるで!?

 

Photo_21

 

なんつって^^;

 

 

 

汗かいたんでイスに座り持参したジュースをムスメに飲ませてて

『あっ。』

と気付いたんやけど、

 

 

 

ずっと肩車してたから

汗かいてるんはオレだけやんか。

 

 

オレの分、ジュースなんか買ってないで?

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

揺れるフェリーの上で

♪低い~雲を広~げた~
           冬の~
フフ~ン♪

 
フフ~ンって、いかにもうろ覚えな歌詞をハミングで誤魔化してみる。
 

 

実際冬はまだ先としても、空一面に広がる低い雲の下、波に揺られながらフェリーは進む。

目指すは小豆島。もちろん仕事。

片道約1時間の船旅は右を向くと島と海、左を向いても島と海、前を向いても島と海。
後を向くと知らないおっちゃんと目が合ってしまう。

 

今でこそ仕事でフェリーに乗る事もあるけども、小さい頃フェリーに乗ると言えば非日常で特別な事やった気がする。
 

 

田舎は半農半漁のちっちゃい町なんで海には漁船が並んでるけど、ウチの両親は半農でも半漁でもない勤め人やったんで漁船にのる事も無い。
ツレの家の船で釣りに行ったり、夏休みに乗せてもらったりするくらいやったか。

そんな子供がフェリーに乗るという機会は九州の親戚ン家に行く時くらいしかなく、それもそうそうあるもんやない。
 

 

そんな時はそわそわと落ち着き無く、フェリーに乗る前からなぜか自販機でカップラーメンを買ってくれとせがむ程に。

八幡浜港を出発するフェリーは夜出発して早朝大分に着く便で、夜中にどっかへ行くって状況がまたオレのテンションを上げる理由でもある。

 

フェルトを敷いたようなスペースではみんな病院の診察台にあるような枕に頭を置き、ビジネスホテルにあるような毛布に包まって寝始める訳やけど、
寝るつもりも無いオレはおもむろにお菓子を広げ始める。

売店で売ってる本もなぜか欲しくなるんやけど買ってもらえない事は経験としてインプットされてるんで、
自宅から持ってきたマンガも準備。
 

 

あの頃のオレがオトナやったらここで缶ビールも開けるとこやね。
 

 

そうこうしてるウチに親父と母親は寝始め、姉ちゃんも眠いのか機嫌が悪くなってくるんで、さっき読んだマンガをもう1回読んだりしてるとあたりに響くウンウン・・・という連続した重低音がやけに気になり始める。

フェリーのモーター音と言うのか、お尻を伝わり腹に響く振動ってなんか眠くなってくるんよな。
 

 

意地でも寝ないつもりでお菓子やマンガ広げたけど気付けばオレのスペースはその範囲しか残ってない。

周りは家族が寝よるし、その他スペースは他の乗客が寝よるからね。
 

 

眠さに勝てないのが子供、そして片付けがテキトーなのがオレ。
広げたマンガやお菓子を一ヶ所に寄せスペースを作り眠りにオチる訳です。
 

 

それでも早朝誰より早く目が覚める。
(この辺は今でも変わってナイ)
 

 

薄暗い中でもデッキに出て海を見てるのが楽しい。
『今海に落ちたら誰にも気付かれんのやろな』という不安なんか気にもならない。

 

客室に戻ってマンガ読み始めてると母親が起きてきて

『ずっと起きとったん!?』

の問いには

『うん。』

意味無く強がるのもまた子供よね。
 

 

 

小豆島へ向かうフェリーの中でうどんを食べながら、そんな事を思い出す。

あと、売店での飲食も『あれこれ食べたい言わんの!』とか言われよったな。

 

 
あの頃と違い、

ヒトリでフェリーに乗って誰に気兼ねする事無く食べられるってトコがオトナやな。

 

 
フェリー乗る前に朝メシ食べとんのにね(^^;

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

外でのムスメは

おそらく今日も機嫌良く保育園で過ごしたであろうムスメ。
 

普段の過ごしっぷりは参観日くらいでしか見れないんでよーワカランのやけど、
さぞマイペースに楽しみよんやろ~な。

 

 
ヨメ 『今日先生からこんな話聞いてきたで。』
 

と話し始めた本日仕入れたて特選素材はこんな話。
 

 

 

毎週音楽の先生が園にやってきてピアニカ引いたり歌ったりしてるんやけど、

その先生から

先生 『(ムスメ)ちゃん、イイですよ~。』

思わせぶりなフリで話しかけられたらしい。
 

 

ヨメ 『先生の後について鍵盤押すんも間違わんし、

    先生が適当なフレーズで歌っても音合わせて弾くんやって。

    「音感イイですね」やって。』
 

 

そんな顔はしてないけどな?

顔は関係ないか^^;
 

 

 

ヨメ 『自由に弾かせてる時間に(ムスメ)見てたら、

    「上手に歌作って歌いながら鍵盤弾いてました」

    やって。』
 

 

あー、得意の【次歌う時は違う歌詞な歌】やな? 

メロディーは微妙に変わるけど概ね同じなんよな。
 

 

 

ヨメ 『そんで、それなりに集中して歌いよんやろーな~、

    「途中、思い出したように違う遊び始めるんで
     オモシロくって^^」

    やって。』
 

 

だはは(^□^;
 

 

 

ヨメ 『園長先生にも

    「テキパキとみんなの先に立ってますよ」

    言われたんやけど・・・』
 

 

 

相変わらず外面ええなぁ( ̄∇ ̄;
 

 

家でも同じ事せーよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

特効薬の効き目は?

ここんとこヨメさんとムスメがゴホゴホと咳してたりするんで、

 

おとーさんも負けずに流行りに乗ってゴホゴホ咳をし始めちゃう。

 

 

 

 

カゼ移されたな?オレ。

 

 

 

 

 

なんだかノドが痛くなってきたんで、出張の今夜は

 

アルコールでノドを消毒してきました。

 

 

 

では皆様おやすみなさいませ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

早く帰る理由は○○○

だいたいPM4:30頃になると昼メシを詰め込んだハズの胃の中も空に近づき
おそらく血糖値も下がってるんやろーな~、やる気も右肩下がり。

それなりに仕事が落ち着いた(と思う)頃には

空腹でマウスのカーソルも心なしか震えながら移動し始める。
 

 

以前は

先輩 『帰ってコナン見よ。』

と言って早く退社する先輩の真似をして

オレ 『コナン見たいから帰るわ。』

と帰りよったけど、

実はその先輩、帰宅途中にお客さんトコ寄って帰ってた。
 

 

その先輩との違いは、

オレほんとに家帰ってコナン見よったからね。
 

 

帰り際にセリフを残して夜は早く帰りたいオレやけど、今日の帰り際のセリフは
 

 

オレ 『帰っておでん食べよ。』
  

 

後輩 『おでんですか!?』
 

昨日の晩メシがおでんやったんで、と言う事はつまり、
今日は味の染みたおでんが楽しめる記念すべき2日目という訳なのさ。
 

 

 

オレ 『おでんくん知っとる?』

思い出してフッてしまった話でやや盛り上がるけど、

オレ 『そんな事より早よ帰っておでん食べたいんよ。』

と席を立つ。
 

 

後輩 『誰がフッた話ですか!?』
 

 

の声にも笑顔で別れを告げる。
 

 

 

でもあんな話したから今週中にコンビニでおでん買うヤツ、2人はおるな?
 

 

 

2日目のおでんなんで鍋の具も少なくなってるとはいえ、皿にのせてると意外に多く、
頂上付近のスジ肉が転がり皿を持つ左手親指に触れた熱さまでウレシイ。

今日はご飯のおかずとしていただきませう♪
 

 

ムスメ 『(ムスメ)ちゃんたまごがいい。』
 

オレ  『玉子1個しかないのに、おとーさんのよ!』
 

てかオマエ、もぅ晩メシ食べてるんやろ?
  

 

好きな具は人それぞれあるんやろーけど、今回のおでんだと
思いつきで作って入れたブタ肉団子が思いがけずウマイ☆

うるさいムスメには大根を少しだけ食べさせだまらせる。
 

 

 

さてあらかた食べ終わる頃、実は狙ってる食べ方があるんやけども、
ムスメがマネしちゃまずいんで、とりあえず麦茶を飲む。
 

 

ムスメ 『おしっこぉ!』

食事中のおとーさんの横でムスメが元気良くトイレに走った隙に作戦実行。
 

 

それは、
 

ご飯に残してたおでんの汁をかけて茶漬けみたいに食べる事。
 

 

 

その際はおでんの具は残さず汁のみってところが潔いシメ方やと自画自賛したりして。
 

 

 

でもムスメがマネしちゃまずいんで、

トイレから帰ってくる前に勢い良くかきこんでゴチソウサマ(^¬^
 

 

 

昔母親に
 

母親 『汚いからヤメ!』
 

 

と言われた食べ方ではあるけどね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »