« リアルタイムな話 | トップページ | 数時間のプレ夏休み »

2006年7月31日 (月)

アジな話

『これ何の音か解りますか?』

ジュワジャワジュワジャワとラジオから聞こえる音。
 

 

正解は川のせせらぎの音で、街中で涼を感じる趣向を演出した場所の紹介やったんやけど、
初めに音聞いてた段階で『天ぷらを揚げる音』と認識してたオレ。

そのラジオを聞いた後やったんで、
昼メシ食べようと入った店で注文したのはアジフライ定食

川の水が上から下へ流れるように、これも自然な流れよね。
 

 

夏はアジが旨い時期やし、うどん屋で食べるアジフライじゃなくて
定食で食べるアジフライってまた違うよな。

うどん屋でのトッピングで食べるフライはソースや醤油よりもダシに浸して食べる事が多い。

それに対し定食のフライ、特にアジフライは迷う事無くソース。

ソースの甘辛さ&酸味とアジの脂の組み合わせが好きなんよね。
 

 

とはいえドバッとかけるとソースの味しかしなくなるんで適度な量を全体的にかける事が必要。

 

定食のアジフライは2枚。

まずは重なった2枚を皿の上に並べる。
 

 

ソース容器はそのままかけまわすんじゃなく、注ぎ口の反対に位置する空気穴を右手人差し指でふさぎ、

フライの約10cm上空(測ったんか!?)からポタリポタリとリズミカルにたらす。
 

 

たまに注ぎ口が長年の使用でつまり気味になって出にくい場合があって、
そんな時は空気穴をふさいで使おうとすると、ただでさえ出にくいのに1滴も出ない。
じゃあ、と穴をふさぐ指を外したとたんに『ウソん!?』ってくらいビュッて出たりした時は
オレ 『あ~、出るんやないか?って思いよったのに・・・』
とガクンてなるね。

この緊張感は暑さを忘れさせる。
むしろ涼を感じ・・・るなんて事はないか。

今日のソースは・・・セーフ。
 

 

フライの身が広い方にポタポタポタ。シッポの方にポタポタ

そーいやハリポタの翻訳家がどーとか言うニュースがあったな?
 

 

ソースのかかってる所とかかってない所、衣がしなってしてる所とシャクシャクしてる所、
均一化してない味ってのが飽きなくてええよね。
 

 

ゴハンと食べるんもええけど、
 

出来れば冷たいビールの方が

 
シアワセになれそーな昼メシでした。

 

|

« リアルタイムな話 | トップページ | 数時間のプレ夏休み »

コメント

そうかぁ、らっきぃ♪さんは「ソース派」かぁ。
私は、アジフライには、「醤油&マヨネーズ」です。
軽く塩のみを振るっちゅうのも、いけますよ。
「ソース」を使うのはお肉系ですね。
あ、カレーに味の変化を求めるときにも、ソースを
使います。
音楽の趣味は近いですが、この辺に違いがありましたね。(笑)

投稿: | 2006年8月 1日 (火) 00時19分

犬さん>醤油とマヨのコラボは好きな人多いですよね。
子供の頃はなんでも醤油ばっかかけてました。
アジフライはソースですけどコロッケはトンカツソースかけますね。

投稿: らっきぃ♪ | 2006年8月 2日 (水) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/12686302

この記事へのトラックバック一覧です: アジな話:

« リアルタイムな話 | トップページ | 数時間のプレ夏休み »