« 遅ればせながらデビューの巻 | トップページ | だらしなくだららんと »

2006年6月 2日 (金)

パパの心、ムスメ知らず

最近家に帰る時間がやや遅くて、家に帰った時点でムスメはヨメさんと風呂に入ってる事が多い。
そら休みの日は一緒に入るけど、できれば平日も一緒に入りたいのがパパ心?

じゃー週末やし、ちゃちゃっと帰ってやろーじゃないかと言う事で
会社の前を通りながらも直帰。

家に帰るとバタバタと足音が聞こえ、出てきたのは

『おひゃへいぃ!』

クチ一杯に何かをほおばって、おそらく『おかえり』と言ってたであろうムスメ。
 

 

オレも晩メシに加わる。
 

だいたいいつも自分のおかずで好きな物を食べた後、ヨメさんやオレのおかずから調達するムスメ。
今日はヨメさんからキャベツをもらいゴハンの上に乗せよんな。
 

ムスメ 『じゃがいもがいい・・・』
 

と視線を向けるはオレの肉ジャガの皿

今度はオレ!?

 

オレ  『じゃーお肉食べよって。 食べよる間にジャガイモ入れてやるから。』

ムスメ 『ふぉーくでたべたい。』

ヨメ  『は?』

ここは日本ですよ?
 

 

オレ  『お箸あるやん。』

ムスメ 『ふぉーくでたべたいの。』

オレ  『じゃー持って来たらええやんか。』

でもフォーク置いてる所はムスメの手が届かん所なんで、結局ヨメさんが持ってくる。
 

 

ムスメ 『じゃがいも。』

オレ  『やるから!』
 

フォークを振り回すなよ。
 

 

フォークをしきりに持ってくるんで
 

オレ  『フォーク危ないやろ!!』
 

と一喝すると、
 

 

ムスメ 『ええんよ。』
 

 

何が!?
 

 

結局じゃがいもは2個提供。

|

« 遅ればせながらデビューの巻 | トップページ | だらしなくだららんと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/12686255

この記事へのトラックバック一覧です: パパの心、ムスメ知らず:

« 遅ればせながらデビューの巻 | トップページ | だらしなくだららんと »