« 魔の交差点 | トップページ | ゲストブック的なモノ »

2006年3月24日 (金)

ネタが無い日は・・・

タイトル通り、決して面白いネタが無かった日というわけじゃないけど、

たまにはそんな日もあるよね (―_―;)・・・

そんな日は昔の記事をひっぱりだしてみる。

といってもヤフーブログでやってた記事なんで、ココログでは初の記事というコトにして・・・

仕事で香川に行ってる関係上、かかせないのはさぬきうどんの食べ歩き。

食べた店の紹介(記事の内容は紹介にはなってない)というか記録のつもりでやってたうちの1件をここで公開。

↓ ↓ ↓ ↓  

Photo_34 店名 【なかむら(飯山)】

うどん小  150円

生卵     50円

 

 

関心 ・・・ある物に心引かれ注意を向ける事

困惑 ・・・判断がつかず迷う事

当惑 ・・・どうしたらいいか途方にくれる事

驚愕 ・・・非常に驚く事  (参考:YAHOO!辞書)



日本一土地の狭い県でありながらおそらく日本一うどん屋の多い県違ってたらごめん。

そんな県、香川県 では日常的に見られる風景といえば、うどん屋巡礼の旅の衆。


いろんな雑誌やTVで取り上げられ店名は知ってるものの、まだ行った事がないって人も

まだ1億人はおるね。 確証はないけど。


そんな 9000万人(減ってるやん)が実際に店に足を運ぶ際、足運ぶ先がワカラナイ程解りにくい店が

800軒はあるね。  ごめん、コレはウソ。


でも香川県内には800軒位うどん屋があるらしい。

その中にはやはり解りにくい店ってのがかなりあるのは事実。


ナニが解りにくいか?


まず場所。

ここで冒頭の4つのキーワードが登場。 長い枕やな。


店を選んで足を運ぶにしても、たぶん近くまで来てるやろーけどワカラナイ。

助手席で雑誌の地図を見てる彼女も、そのうち北が南に見えてしまう。

なんか人の流れについて行くと『え!?』って所に店を発見。 でも駐車場がワカラナイ。

ていうか、駐車場が無い。


さらに店内。

ここでも冒頭の4つのキーワードが登場。 思いつきにしちゃ使えるな~。


店内の見えない列の後ろに並び、注文の仕方がワカラナイ。

とりあえず前の人の真似をしようとしたら『ぬくいん、小。』地元の人らしく、ナニを注文したのかワカラナイ。

彼女の湯のみにお茶を入れてあげたら、うどんダシのヤカンやった。

『300円な。』という代金を2人分と気づかず、600円払った。

ウマさにビックリやけど、安さにさらにビックリ。



大げさに表記したけどそんな大げさでもない表現がぴったりくる店が結構多いんよね。



この店、昔は

客 『おっちゃん、ネギもぅないで。』

店 『畑から抜いて切って。』

そんな会話があったらしい。


一般に『固い』のがコシと思う人も多いけど、ここの麺は『不思議』なコシ。

噛み応えがあるのに軟らかく、ツルンとノドに滑り込む食感は不思議を通り越して気持ち良くすら感じる。


今回はドンブリで生卵を溶きながら麺の茹で上がりを待ち、釜玉でツルン♪



国道11号丸亀付近を土器川沿いに南下し、T製材所の看板が見えたらその辺を探してみましょう。

|

« 魔の交差点 | トップページ | ゲストブック的なモノ »

コメント

こんばんは、まいです。
なかむらですね~^^有名ですがまだいった事はありません。
いつかチャレンジしたいです。
香川の違うところにはいったのですが、やはり有名店は並びました。
一つはサービスエリアでうどんのお土産も売っています。

それが・・・二件とも名前が出て来ません~~~^^;アホです・・・(笑)

投稿: まい | 2006年3月25日 (土) 00時55分

本当に安いですよね・・・
こっちじゃ、そんなに美味しくもないのに700円!
うーん、、、、。

投稿: haruka | 2006年3月25日 (土) 11時32分

まいさん>仕事中に行けるってことは、込み合う休日に行かなくてもイイってことです。
仕事しろって話?

投稿: らっきぃ♪ | 2006年3月25日 (土) 21時38分

harukaさん>どっかで見た記事でしょうが、これからもちょこちょこ使わせてもらうかもしれません。
どーか『初めて見た』リアクションで優しくコメントしてください^^;

投稿: らっきぃ♪ | 2006年3月25日 (土) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/12686196

この記事へのトラックバック一覧です: ネタが無い日は・・・:

« 魔の交差点 | トップページ | ゲストブック的なモノ »